トニー・フィナウが訴えられた!? その金額はなんと17億円! | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

トニー・フィナウが訴えられた!? その金額はなんと17億円!

2020年09月28日16時51分

訴えられたトニー・フィナウ

 

訴えられたトニー・フィナウ(撮影:GettyImages)

トニー・フィナウ(米国)が地元ユタ州ソルトレイクシティの連邦裁判所に元ビジネスパートナーのモロナイ・オラ氏から訴訟を起こされた。その請求金額は1600万ドルで約17億円と巨額だ。

松山英樹の1Wからアイアンまで スイング特集【動画】

訴状によると、オラ氏は1997年ごろにフィナウ一家と親しい間柄となり、ゴルフプロを目指すトニーとその弟のギッパーに諸経費を貸し付けたという。訴訟の対象はトニーだけでなくギッパー、父のゲーリー、さらに現在トニーのエージェントを務めるクリストファー・アームストロング氏とその会社であるワッサーマン・メディア・グループにまで至る。

トニーとギッパーはともにジュニアゴルフで活躍。ギッパーも将来を嘱望されたゴルファーだったが、2006年にトニーが16歳でユタ州アマチュア選手権で勝利。同年、ギッパーがユタ州で行われた下部ツアーのネーションワイドツアー(現コーン・フェリーツアー)に出場し、2番目の最年少記録で予選通過も果たし、07年に二人そろってプロ転向した。

オラ氏は当時、フィナウ一家の住宅ローン、健康保険、新車の支払い、さらにゴルフに関する移動も含む経費、またデビッド・レッドベターから受けるレッスン費も支払ったという。オラ氏が出費したこれらの総額は59万2000ドルあまり(約6200万円)。これに加え、オラ氏が支払ったことによりトニーのいまの活躍があったとし、トニーのプロとしての収入の20%を請求した。トニーの6年間のPGAツアーでの獲得賞金は2000万ドルを超える。

地元のデザートニュース紙によると、オラ氏はユタ大学のフットボール選手(83〜87年)で03年にはソルトレイクシティ市長選に出馬もしている。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!