5人のプレーオフで15メートルをねじ込んだ! 10年目の比嘉拓也がプロ初優勝 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

5人のプレーオフで15メートルをねじ込んだ! 10年目の比嘉拓也がプロ初優勝

2020年08月02日18時57分

プロ初優勝を挙げた比嘉拓也

 

プロ初優勝を挙げた比嘉拓也(撮影:ALBA)

<JOYXオープン2020 最終日◇2日◇JOYXゴルフ倶楽部上月コース(兵庫県)◇7039ヤード・パー72>

プロゴルファーのマネジメント会社のJOYX(ジョイックス)が主催するツアー外の1日競技の「JOYXオープン」が2日に行われた。12回目を迎えた今年も伊澤利光や小田孔明、宮里優作といった歴代賞金王をはじめ、秋吉翔太、出水田大二郎ら10人以上のシード選手が出場と豪華な顔ぶれがそろった。試合展開も白熱し、「65」をマークした武藤俊憲ら5人が首位タイで並ぶ大混戦。プロ10年目、32歳の比嘉拓也が1ホール目で15メートルのバーディパットを沈めて決着。自身のプロ転向後の初優勝を遂げた。

渡邉彩香が魅せた、完璧な直ドラ【動画】

劇的な幕切れだった。5人同組で行われたプレーオフ。比嘉はティショットを大きく左に曲げて林の中へ。「木が邪魔でピン方向を狙えませんでした。ボギーのイメージしかなかった」と5人の中で最も不利な状況。「右手前のバンカーでもいい」と木と木の間の2メートルの空間を抜いてフックボールを打つと、ピン奥15メートルに乗った。「昨年優勝した(小田)孔明さんが17メートルの距離を入れてプレーオフで勝ったので、再現できたらいいな」と思って打ったバーディパットは、少し左に曲がる上りのラインに乗ってカップに吸い込まれた。

劇的な勝利に「正規の18ホール目がボギーで、プレーオフのティショットもミスで流れが悪いと思っていましたが、生きるか死ぬかのプレーオフ。朝からパットの感触が良かったので思い切って打てたパットがよかったです」と振り返った比嘉。ちなみに、ストローク中はヘッドを真っすぐ動かすなど考えずに「芯に当てることだけを考えるようにした」ことでパットがよくなったという。

コロナ禍でツアー競技の中止が相次ぐ国内男子ツアー。今大会も当初は5月17日に開催予定だったが、緊急事態宣言が発出されるなど、開催時期を延期した。大会実行委員長の前村直昭氏は、「野球やJリーグが再開され、男子ゴルフでは、ツアー外競技ですがゴルフパートナーエキシビション(トーナメント)が行われ、協賛企業や選手の後押しを受けて開催に向けて準備をしてきました」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場 「全米プロ」のリーダーボード
松山英樹が出場する海外メジャー「全米プロ」のリーダーボードはこちら
松山英樹、石川遼が出場 「全米プロ」の特設ページ
松山英樹、石川遼が出場する海外メジャー「全米プロ」の特設ページはこちら!
【全米プロ】松山英樹の一打速報でプレー詳細をチェック!
「全米プロ」で松山英樹のプレーを一打速報でチェック!
米女子ツアー再開2戦目 「マラソン・クラシック」のリーダーボード
米女子ツアー再開第2戦「マラソン・クラシック」のリーダーボード
締めは渋野日向子!AIG女子OPの動画がカッコいい
AIG女子オープンのプロモーション動画が完成。渋野日向子Vの感動がよみがえる!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
河本結とティモンディが…超異色対談!?【動画付き】
河本結が人気お笑い芸人のティモンディと“超”異色対談! 全5回の動画を丸ごとチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!