ルーキーイヤーを終えた山口すず夏 来季の目標は「ツアー優勝でのシード獲得」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

ルーキーイヤーを終えた山口すず夏 来季の目標は「ツアー優勝でのシード獲得」

2019年11月29日12時08分

来季への意気込みを語った山口すず夏

 

来季への意気込みを語った山口すず夏(撮影:福田文平)

今季、米国女子ツアーでルーキーイヤーを戦った山口すず夏。シード獲得はならなかったが、11月初旬に開催された最終予選会『Qシリーズ』で16位タイに入り、来季出場権を獲得。現在は2020年シーズンへ向けてのオフ期間となっているが、11月28日(木)にスポンサー契約を結ぶGOLF Net TV 株式会社を訪問し、来季への意気込みを語った。

史上3人目の女子高校生プロ〜今年1月のプロ転向表明会見で同級生に囲まれ、笑顔を見せる山口すず夏

プロ1年目は19試合出場で賞金ランク150位。計8日間(10月23日〜26日の前半4日間/31日〜11月2日の後半4日間)にわたる最終予選会を突破したことで、2020年シーズンも米国を舞台に飛躍を目指すこととなった山口。

「残念ながらシードを獲得できませんでしたが、来年の出場権を獲得できてよかったです。今年はドライバーのフェアウェイキープ率や、アイアンのパーオン率が悪かったので、なかなか予選を通過できなかった。シーズン途中にIMG Academyでスイング解析などをするなかで、知らずしらずのうちに、アドレス時のフェース向きがクローズになっていることに気づいて、修正できてからは良くなってきました。来季に向けて、大きなスイング改造はしませんが、より正確性が高まるスイングを目指していきたい」と、反省点をしっかりと見つめつつ、成長を見据える。

来季の目標は、ツアー優勝とシード権の獲得。「優勝したいです!『全米女子オープン』は誰もが憧れるタイトルなので、特に勝ちたい気持ちがあります。来年2月の『ISPSハンダ・ヴィック・オープン』から出場することになると思いますが、それまでにスイング修正やトレーニングを続けていきます」と目標達成に向けて準備を進めており、最近はメンタルトレーニングも重視。「今季は、初日のスコアが良くても、予選通過を意識しすぎたり…メンタル面で崩れてしまうことがあったので、大阪体育大学の菅生貴之先生から指導を受けて取り組んでいます」と課題克服を図っている。

忙しいなかでの束の間のリフレッシュは「久しぶりに友達に会うことですね」。加えて免許取得のため、自動車学校に通っており「ようやく外に出て運転できるようになりました。頑張って取りたいです」と笑顔で語った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!