キム・チャンミが初代女王に!「マッチプレーは面白い!とみなさんに思ってもらえたら嬉しい」【ディライトワークス女子マッチプレー最終日】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > > 記事

ディライトワークス女子マッチプレー選手権

  • 期間:2019年05月08日-05月10日、
  • 場所:朝霧カントリークラブ

キム・チャンミが初代女王に!「マッチプレーは面白い!とみなさんに思ってもらえたら嬉しい」【ディライトワークス女子マッチプレー最終日】

2019年05月10日17時15分

キム・チャンミが「ディライトワークス女子マッチプレー選手権」で勝利をあげた(撮影:福田文平)

5月8日(水)〜10日(金)の日程で行われた女子プロゴルフ唯一のマッチプレー競技「ディライトワークス女子マッチプレー選手権(※ツアー外競技)」。最終日に開催された決勝戦は、韓国のキム・チャンミが、仲宗根澄香を2&1で下し、初代女王の座を手にした。

1回戦から決勝までの勝ち上がりをチェック!トーナメント表はこちら

3日間で5試合(決勝以外は9ホールマッチ)を勝ち抜き、32名の頂点に立ったチャンミ。試合後には「マッチプレーでは“自分のできる以上のことをやらないように”と欲を出さないことを心がけました。途中途中、欲がでて、心が揺れることもありましたが、貫けたと思います(笑)。試合中継を見てくれた方に“ゴルフは見てて面白いな”“マッチプレーっていいな”と思ってもらえていたら嬉しいですね」と笑顔を見せた。

一方、優勝を逃した仲宗根は「もうちょっと自信を持ってプレーできたらよかったのに…という気持ちが強いです」と悔しさを口にし、涙を流した。

それでも「なかなかない大会ですごく貴重な経験をさせて頂いた。良かった部分も、悪かった部分もこれからの試合で生かしていきたいです。ストロークプレーでは(ワンプレーごとの)気持ちの切り替えが遅いことが課題でした。でも、気持ちが切り替えられることで良いショットが生まれる、ということがわかりましたし、最後まであきらめずにプレーすることが大事なんだなと思えました」と前を向いた。

ツアー通算5勝の服部真夕を相手にした準決勝で、3ダウンで迎えた残り3ホールから追いつき、延長1ホール目で逆転する猛反撃を見せ、大会2日目を盛り上げていた仲宗根。チャンミも「準決勝ですごい追い上げをしているのを録画映像で確認して“決勝は終盤まで集中しないといけない”と思っていました」と語ったように、粘り強いプレースタイルは、インターネット中継を見ていたゴルフファンに伝わったことだろう。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!