石川遼が出場!
米下部ツアー予選会の成績

【90切り】30〜50ヤードはトップを固定してフォローの大きさで打ち分ける

90を切るには、パーオンを逃がしたホールでいかにパーを拾うかが大事。難しいライなら確実にグリーンに乗せ、花道などのやさしいライからは1パット圏内に収めたい。30〜50ヤードの中途半端な距離では、左右対称の振り幅で振るよりもフォローの大きさを変えて打ち分けたほうが、力んだり緩んだりするミスが少なくなる。

2020年05月20日

30ヤードでも50ヤードでもトップの手元は右腰の高さ

 
松岡の場合は、30〜50ヤードのトップの位置はすべて手元が右腰の高さ。自分の打ちやすいトップの位置を見つけよう
30〜50ヤードの中途半端な距離では、左右対称の振り幅ではなく、トップの大きさを固定しておいてフォローの大きさで距離を打ち分けるのがオススメです。そのメリットはインパクトの緩みがなくなること。小さいバックスイングなら、クラブを加速させないと距離が出せないため、インパクトで力を加減することがありません。僕の場合は、30、40、50ヤードはすべて同じトップポジションで、手元は右腰の高さです。

ノーコックで上げて手首の余計な動きを抑える

フォローを左腰の高さで止めれば30ヤード、手元を胸の前に収めれば40ヤード、肩の高さまで振れば50ヤードとなる
このトップから、左腰の高さで止めれば30ヤード、手元を胸の前に収めれば40ヤード、肩の高さまで振れば50ヤード。使うクラブや振るスピードによって基準となるフォローの目安は変わってもいいと思います。バックスイングの大きさを一定にするには、手首の余計な動きを抑えること。アドレスでは体の真ん中にヘッドが来るよう構え、その関係性を保ったままノーコックでクラブを上げましょう。少し小さいかなと思うくらいのトップが、中途半端な距離で緩まないコツです。

(この記事は2020年1月23日発売のALBA789号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
松岡勇作
まつおか・ゆうさく/88年生まれ、熊本県出身。小学校時代は坂田塾に通い、中、高、大とゴルフ部に所属していた。中学3年生のときに日本ジュニアに優勝。キャプテンだった東北福祉大4年生のときには、3年生に藤本佳則、1年生に松山英樹がいた。現在は東京都のインドアゴルフスタジオ『5UNDERS GOLF』で特別コーチを務めている。
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧