松山英樹V!
ZOZO選手権の最終日ハイライト

新作投入続々。時松隆光『Mizuno Pro 221』、石川遼『APEX UW』、プロギア『LS』に動きも

  1. 6アンダー発進の時松隆光は『Mizuno Pro 221』を投入!洋芝を切り裂きます(撮影:村上航)

     
  2. 石川遼が7Wの代わりに『APEX UW』をいきなり投入!(撮影:村上航)

     
  3. 契約フリーの池田勇太もいきなり『APEX UW』を投入しています

     
  4. 片山晋呉の飛びに影響を受けた中西直人は、プロギア『LS』を投入!(撮影:村上航)

     

ANAオープン 初日◇16日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

国内男子ツアー「ANAオープン」で新作投入が相次いだ。まずは、初日6アンダーの2位発進を決めた、ミズノ契約の時松隆光。今週発表されたばかりのミズノの新作マッスルバック『Mizuno Pro 221』を投入して、7バーディ奪取だ。時松といえば、2017、2019年にプレーオフで敗れており、輪厚との相性は抜群。PGAツアー選手のフィードバックで重心距離が短くなったマッスルバックが輪厚の洋芝を切り裂き、いきなり機能したか。

そして、既報の通り今週から国内男女ツアーでツアー投入された、キャロウェイ『APEX UW』。真新しいハイブリッドをいきなり投入したのは、キャロウェイ契約の石川遼、契約フリーの池田勇太だ。石川は21°の7Wと入れ替える形で同作を投入した上、パターもプロ初2ボール形状(オデッセイ『トリプル・トラック 2ボールブレード』)を投入し、初日4アンダー発進を決めている。

先週の「フジサンケイクラシック」ではプロギア『LS』ドライバーの投入を見送っていた中西直人は今週バッグイン。中西は既報の片山晋呉が投入した『LS』の飛びっぷりに影響を受けたとか。そして、中西のドライバー自慢を聞いた矢野東まで組み立て依頼をするなど、HS40m/s向けのはずの『LS』ドライバー使用者が増えそうな兆しを見せている。

▶▶▶契約フリーの片山晋呉、プロギアのHS40m/s向け『LS』を投入

また、プロギアのぶっ飛びと言えば、先日発表された『エッグスプーンブラック』のテストも進んでいる。「契約外ですが、複数の男子プロが飛びに高評価をしてくれています」と、ツアー担当者は話している。同社のぶっ飛び性能を軸にした“契約外選手アタック”が、引き続き実を結ぶのかに注目だ。

ミズノ問い合わせ先

  • ミズノ株式会社 TEL:0120-320-799

Rankingギア人気記事 10/19-10/26

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧