オリンピックのチケット当たった?
何でもアンケート

松山英樹、エースシャフト【DI】から【GP】へ。「体の出力アップ」に注目した、グラファイトデザイン担当者の“眼”

  1. しなり過ぎていた『DI』から『GP-8TX』にして、すっぽ抜けなくなった!?(撮影・GettyImages、岩本芳弘)

     

全米プロゴルフ選手権 事前情報◇15日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7432ヤード・パー70>

松山英樹のドライバーシャフトの色が、「オレンジ」⇒「グリーン」に数試合前から変わっていることにお気づきの人は多いだろう。松山のエースシャフトと言えば、グラファイトデザインツアーAD DI-8TX』(以下、DI)というのはあまりにも有名。では、このグリーンは???

ウェルズ・ファーゴ選手権」から変化を見せたこのシャフト、見た通り、グラファイトデザインツアーAD GP-8TX』だ。もちろん、シャフトに詳しい人が見れば、このカラーリングが『GP』なことはひと目で分かる。だが、これまで松山があまりにも『DI』を愛用し続けてきたため、「本当にGP!?」「中身はDIで、カラーリングが違うだけじゃないの?」と、疑心暗鬼になることも否めない。

なにしろ、松山は数多くのヘッドを替えてきたが、エースシャフト『DI』だけはアマ時代から不変と言っていいほどの存在だった。そこで、「全米プロ」の現地でグラファイトデザインのツアー担当、高橋雅也氏を直撃。ことの経緯を語ってくれた。

「松山英樹プロのシャフト? 見た目のまんま『GP』で8のTXですよ(笑)(WGCデルテクノロジー)マッチプレーの時に練習日に提案のようなことをして、今の状態で打ってみたらどうかな?と話したら、フィーリングが悪くなかったんです。この前、日本に帰った時にも打ってもらって、感じが悪くなかったので、投入してみることになりました。

『GP』は、もともと『DI』と『BB』の次のような感じなので、そんなに嫌いじゃないはずなんです。過去に『GP』が出た当時も打ってる。その時はスリクソンのヘッドで、自分のスイングのタイミングなどを理由に替えなかったけど、あの頃に比べて、いまは体も強くなっているし、『DI』に比べて、先も手元もしっかりしたシャフトなので合うと思ったんです。

 
 
 

グラファイトデザイン問い合わせ先

  • 株式会社グラファイトデザイン
ギア情報メニュー
Rankingギア人気記事

ギアニュース  6/13-6/20

TOUR NEWSツアーニュース
TOUR Columnコラム
ゴルフ何でもアンケート
プレゼント付きアンケートやゴルファー意識調査など! ふるってご応募ください。
LESSONレッスン
GEAR NEWSギアニュース
GEAR Columnコラム
TRENDトレンド
このページの上部へ