来季の女子シード選手が決定!
ランキングはこちら

シン貧打爆裂レポート『Mizuno Pro 221 アイアン』

貧打爆裂レポートのロマン派ゴルフ作家・篠原嗣典が、ギアについての噂の検証をします!実際にゴルフコースに持ち込んで、動画を撮影しながらラウンドしたレポートです。

2021年10月20日

注目ポイント

 
ミズノの『Mizono Pro 221 アイアン』は、2021年10月15日発売です。

“シリーズ最高の打感を追求。THE MUSCLEBACK”“シャープな顔とソリッドな飛びを両立した逆テーパーブレード設計”というコピーです。

『Mizono Pro 221 アイアン』の最大の特徴は、テクノロジーとクラフトマンシップの融合です。ミズノのマッスルバックアイアンは、世界一の水準であることは疑いようがない事実です。前モデルの『120』でツアープロから出たリクエストを大胆に取り入れました。

「逆テーパーブレード設計」は、番手ごとにブレード部の厚みを変化させて、スイートスポットの高さを番手別に最適化するテクノロジーです。ロング、ミドルアイアンは高弾道で、ショートアイアンは低打ち出し高スピンのボールが打てます。

「コンパクトサイズ」というポイントは、過去の名器と呼ばれるアイアンをベースにヘッドをコンパクト化して、特にショートアイアンはフェース長も短くしました。

『Mizono Pro 221 アイアン』は、さり気なく大革新をしているアイアンです。精度を求められるマッスルバックアイアンで、最適にフローさせるのはトッププロが個別に求める微妙なチューニングを市販モデルで実現するわけですから、失敗すれば、精度が悪いアイアンになってしまいます。新たに挑戦しなければ、トップは守れないという覚悟を感じさせます。

そして、「銅下メッキ」です。
科学的には効果を明確に証明できないのに、トッププロにおいて絶大なる信頼を得ている「銅下メッキ」が施されています。ニッケル、銅、ニッケル、クロムという4層メッキになっているアイアンは、贅沢な無駄だと他のメーカーでは廃止していますが、『Mizono Pro 221 アイアン』では復活しています。やわらかさを感じさせ、接触時間が長くなるメリットがあるといわれています。

『Mizono Pro 221 アイアン』は、マッスルバックアイアンの究極型を目指したアイアンのようです。ロフト角は、伝統的なクラシックなアイアンと同じになっています。

試打した日は、薄曇りで、気温は25度〜29度。微風でした。
使用したボールは『TOUR BX』です。

『Mizono Pro 221 アイアン』の実力は? ドキドキしながら打ってみました!
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧