国内女子ツアー
組み合わせ表

タイトリスト『Tシリーズ』のアマ試打レポ。金メダルは『T200』! 銀『T100S』、銅『T100』

ついにタイトリストの新しい『Tシリーズ』アイアンが正式リリース。これは、筒と議論するしかないッ!

2021年07月30日

 

一番変わった『T200』が金メダル!

筆者 筒さん、ついにタイトリスト『Tシリーズ』が生まれ変わって、正式発表されましたね。昨日練習場で全機種と全シャフトで試打してきましたし、本球でラウンドした時の衝撃が今も目に焼き付いて離れません……。 『T200』を買います!圧倒的な金メダルです。

 ………。(結論から言い過ぎ……)いきなり話が終わっちゃうじゃないですかッ!金メダルの理由、優勝インタビューをお願いします。

筆者 『T200』って、前作も初めて打ったときの衝撃がすごかったじゃないですか。でも、弾道はイイけど、ボクにはちょっとオフセットとサイズが大き過ぎた。で、『T100』はバックフェースのデザインが複雑過ぎました。そのネガポイントが、今回両方とも完全払拭されてます。

 やめて、ボクのエースの『T100』の悪口は。(泣)でも、『T200』が小さくなったら、ミスに弱くなりませんか?
T200とT300は、異常に上空へ出射するスピードが速く感じます…
筆者 そう思うでしょ、逆です、逆。小さくなったのに、打点ブレに強くなって感じました。とにかく、前作で衝撃を受けた、上空に速く出射する性能は健在。この速さがあるから最高到達点が高く遠くなりますし、落ちてくる時には球はエネルギーを失ってるので、球も止まります。グリーンへのランディング角も相当大きいですし。もう、弾道のデカさ、曲がらなさがこのサイズのアイアンの常識をだいぶ逸脱してますよ。

5、6、7Iまではアイアン型UTみたいなもの。
ボクのエースは軟鉄鍛造ブレードの5I:26度ですけど、『T200』の5Iは25度とそんなに変わらないのに、エースよりはるかに球がデカイし、10ヤード弱は確実にキャリーが伸びて抑え気味で打って200y以上先が狙えます。飛び系じゃないアイアンで、打ち上げの210yをフェードでピンハイに止められたのは衝撃。1球目の6Iで衝撃受けて、2球目の5Iで確信して購入即決したし、金メダル確定です。

銀メダルは『T100S』。酷いミス意外、平気

『T100S』(左)には、バックフェースに「マッスルチャンネル」が!
 まぁ、長岡さんは飛びますからね……。今回の『T200』って、カーボンシャフト装着の上の番手は『T200 Long』として、アイアン型UTとして売り出すわけですし、もはやアイアン型UTとアイアンの境目はなくなったと言っていいんじゃないですか?

「全英オープン」でジョーダン・スピース選手も『T200 Long』の2Iをティショット用に入れてましたよね。その他の選手も、『T200 Long』を入れている選手が続出してます。この辺りは、『T100』と全く同じフェース長とオフセットにした点も、効いてるかもしれませんね。
同サイズの中の3機種だから、コンボも違和感ナシ。(画像は全て7I)
筆者 はい。だから、ボクはコアセットを『T100S』にして、5Iより上を『T200』にするコンボセットにしようかなと。『T100S』もめちゃくちゃ良くて銀メダルなので。

 えぇッ!? 『T100S』、そんなに良かったんですか?

筆者 もちろん、『T100』でも全く問題ないんですけど、『T100S』が本当、相当に酷いミスしない限り、全然曲がらないんですよ。打点がブレても距離が出てくれて『T100』と違ってバックフェースに『マッスルチャンネル』と呼ぶ溝が切ってあるせいか、より寛容性があるし、『T100』より2度立ってるのに同じくらいの打ち出しが出せてラクに飛びますね。

 はぁ〜〜〜、ボクの読み通り、『T100S』良いのかァ〜〜。じゃあ、ボクの『T100』の後継は?

銅メダルは『T100』。ソール形状が変わって精密

トゥのバンスは強めに、ヒールは少なめになった『T100』。
筆者 細かい部分ですが、めちゃくちゃ良くなってます。特に筒さんの旧『T100』って、ソール形状がプレウォーンソールというか、前後左右に丸みが強いじゃないですか。頂点が出っ張ってますし、ちょっと地面が固い時に跳ねると感じたんですよ。固いベアグランドとかで弾くというか、そういうのが今回の『T100』は無い気がしました。スパッと精密に入れられる感じ。

 最高じゃん! そりゃ、これだけPGAツアー選手たちがいきなり替えまくるのも当然ですね……。

筆者 そうなんですよ。トレーリングも落とされていて、ヒール側のバンスは少なく、逆にトゥ側のバンスは増やしたそう。これは、 PGAツアー選手の要望で、よりターフが真っすぐ長く抜けるような形状なんですって。スピースが「他のアイアンを使う理由が分からない」とコメントしたのも頷ける感じです。
 なんか、ヘッド内のタングステンの素材も変わったんですって?

筆者 そう。より比重が高いので、ウェイト自体が小さくできるそう。だから、トゥとヒールの周辺重量配分がより効いてきて、寛容性が上がるみたい。ツアーフィードバックのソールリアクションと相まって、死角が全くなくなりましたよね。

あと、打感のフィードバックも良くなりました。ある種、『プロV1』のような打感がソフトなボールでも、しっかりどこに当たったかのフィードバックがソリッドに手に伝わってきますし、ヒットした感がすごくダイレクトです。普通、寛容性を上げたら打感がボケるはずなのに……。

希少素材なのに、値段据え置き!

 なるほどね。もう、完全に世界のPGAツアー選手たちの要望が入りまくった感じですね。タイトリストが凄いなと思うのは、『小さくした=難しくなった』ではないところ。顔の形状もオフセットを少なくしたり、コンパクトにしたりと、より精密に構えやすくした上、どの機種もミスヒット時の寛容性を上げてるっぽいのが一番の魅力ですよね。

筆者 はい。トップ選手が使えば使うほど「タイトリスト=シャープで難しそう」と、昔の常識で思い込む人が多いと思うんです。いや、打ってみ?と。昔の常識とは全く逆で、タイトリスト=カッコイイ見た目なのに、実はやさしくてズル過ぎ」が、実際の感想です。でなきゃ、これほど芯を外しまくるボクが即決なんてしないでしょ。
 まぁ、長岡さんはこの業界でも指折りのスイングの汚さですし、球を曲げることにかけてはメダリスト級です。(ギヒヒ)さっきから、五輪とかけて「金メダル」とか言ってますが、あくまでもタイトリストの新作『Tシリーズ』の中での序列ってことですよね?

筆者 そんなわけないでしょ。最近打った全てのアイアンの中で、ぶっちぎりの金メダル、『T200』は。『T100』と同じサイズ・オフセットで、こんなズルいアイアンない。しかも、ここまで性能上がってて、希少金属のタングステンもふんだんに使って値段据え置きですよ!? 発売日の9月24日までに、なんとか手に入れる方法ないかなぁ……。(チラッ)

 ……………。試打クラブは渡しませんよ!!!(キリッ)

Text/Mikiro Nagaoka
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧