【ジャスティン・トーマスのドライバースイング】右モモと左足の動きを意識してジャンプアップで飛ばす | 【PGAツアープロのゴルフスイングを連続写真でタニタクが解説】松山英樹、ローリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソン

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【ジャスティン・トーマスのドライバースイング】右モモと左足の動きを意識してジャンプアップで飛ばす

全米プロゴルフ選手権が開幕。理論派プロの谷口拓也が世界のトッププロのスイングを分析します。

カテゴリ:

2017年08月14日

高いトップから大きなスイングアークで飛ばす

 
   

両足カカトが浮くジャンプアップ打法は球が曲がる要因となる

 彼は非常に大きなスイングアークで円弧を大きくさせてヘッドスピードを上げている点がまず飛距離の要因となっています。ノーコックで振り上げながらややアップライトに振り上げています。トップで右ヒジをそれほど絞らないでクラブを高い位置へと上げていき、高い位置からクラブを振り下ろすエネルギーと大きなスイングアークで飛ばします。彼のコーチはJBホームズらも教えるコーチですが、他のプロも同じ動きを見せますね。この高いトップからインパクトで両足が浮くという、言わゆる“ジャンプアップ”の動きを見せるのも特徴ですね。

 178cmとそれほど大型でもないですが、余裕で300ヤード以上をぶっ飛ばす飛距離は、両足をジャンプして下半身の力を上へと伝えることで、圧倒的なヘッドスピードアップを可能にしています。ただ、この打法は、彼の全身バネのような身体能力の高さを備えて初めて可能となる打法であり、アマチュアではとても真似できない高度な動きです。ジョーダン・スピースらと仲がいい彼はマスターズ後などに遊びのプレーをして、飛ばし合いを行っているそうですが、子供のころからそんな風に重たいクラブに負けないように小さい体を目いっぱい使った結果、両足をインパクトで伸ばしてジャンプアップして遠心力を増やす打法を獲得しているのだと思います。
 
 ただ、この打法は体の回転が先行しすぎると振り遅れてしまいます。逆に回転が止まってしまうと左に曲がるリスクも背負っている打法といえます。これは本当にアマチュアには真似のできない動きだと思います。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!