【リッキー・ファウラーのドライバースイング】ファウラーは右腕が曲がったインパクトが一流 | 【PGAツアープロのゴルフスイングを連続写真でタニタクが解説】松山英樹、ローリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソン

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【リッキー・ファウラーのドライバースイング】ファウラーは右腕が曲がったインパクトが一流

全米プロゴルフ選手権が開幕。理論派プロの谷口拓也が世界のトッププロのスイングを分析します。

カテゴリ:

2017年08月13日

無理にシャフトを立てようとすると振り遅れる

 
   

現在はスクエアに振り上げてシャフトをスタンスと平行に

 ファウラープロの特徴は低い位置にあるトップからのダウンスイングでしょう。アイアンショットだと非常にわかりますが、ダウンスイングで手元の位置が非常に低くなりますね。そしてシャフトが立って下りてタメを作っています。私はいつも思うことですが、日本人は「タメを作って振らないといけない」という強迫観念に駆られているように思えるときがあります。PGAツアープロのように強烈なダウンスイングを作る必要はなく、ダウンブロー軌道になるとスピン量が増えすぎてしまい、むしろタメを作ろうとしすぎるとクラブが振り遅れてしまいます。それが原因でプッシュアウトなどになってしまうリスクが多いからです。

 昔はファウラーはアウトアウトサイドにクラブを上げてインサイドからより強烈にタメを作るような動きをしていましたが、最近はスクエアにテークバックをするようにしています。右腰で両ツマ先の揃ったラインに対してシャフトを真っすぐになるように真っすぐに振り上げています。それでオンプレーンに振るようにスイングを改造しています。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」速報
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」速報
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手の速報はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー速報
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!