「スイングは崩さずにスピードを出す」。石川遼が“課題”の成果を感じた18Hのティショット | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

「スイングは崩さずにスピードを出す」。石川遼が“課題”の成果を感じた18Hのティショット

21.03.20 14:58

スイング改造で一旦失ったスピードを取り戻し始めた石川遼

 

スイング改造で一旦失ったスピードを取り戻し始めた石川遼(撮影:GettyImages)

ザ・ホンダ・クラシック 2日目◇19日◇PGAナショナル・チャンピオン・コース(米フロリダ州)◇7125ヤード・パー70>

米国男子ツアーの「ザ・ホンダ・クラシック」2日目。ツアー屈指の難コースで行われている戦いに挑戦している石川遼は、第2ラウンドで予選敗退となったが、コーチと取り組んできたスイング改造の“課題”に関して成果を感じる部分もあったと言う。「ソニーオープン」で平均飛距離は297.6ヤードだったが、今大会では304.1ヤードを記録。

「今まで自分が出来なかったこと、例えば18番であのラインのバンカーを超えるというのは去年無かったイメージで、飛距離も少しずつ出てきていると思います。スイングは崩さずに飛距離を伸ばす、スピードを出すことがソニーオープンからの課題でしたが、成果を感じられました」(石川遼)

Tour Cast 3Dでその18Hのデータを抽出してみよう。ちなみに、既報のとおり今年から石川遼は『EPIC MAX LS』と『Tour AD HD』の7Xにドライバーを変更している。▶▶▶石川遼の新『EPIC』を激写! ヘッド、シャフトを一新し「試合でも使う予定です」

・ヘッドスピード118mph(52.75m/s)
・ボールスピード178mph(79.57m/s)
・スマッシュファクター1.51
・スピンレート2572rpm
・高さ125ft(38.1m)

バンカーの左端を越すのに必要なキャリーは322ヤード、やや右サイドから越えた石川のキャリーは300ヤードを越えており、トータル330ヤードを記録していた。このホールの他にも、13Hで336ヤード、9Hで316ヤード、8Hで313ヤード、6Hで333ヤードと、スイングの型を崩すことなくスピードを出す課題に一定の成果を見出せたことは頷ける。

スイング改造はまだ道半ば。一旦、形を求めて飛距離を失うリスクも承知で挑んできた中、昨年とは違う状況に納得度を深めつつ、また階段を一歩ずつ登っていく。

このニュースに関連するコンテンツを見る

おすすめコンテンツ

現地直送! 2021年国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
関西オープン 組み合わせ&スタート時間
2021年国内男子ツアー2戦目! 組み合わせ表はこちら。
フジサンケイレディス 組み合わせ表
2021年の国内女子ツアー8戦目! 組み合わせ&スタート時間はこちらでチェック。
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
Dr.カタオカのゴルフ実験室
女子プロのクラブ調整を手がけてきたDr.カタオカが、自宅できるお手軽なゴルフクラブのお手入れ法を伝授。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!