キャロウェイの2020年モデル!? 『MAVRIK』『MAVRIK SubZero』が適合リストに登録 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

キャロウェイの2020年モデル!? 『MAVRIK』『MAVRIK SubZero』が適合リストに登録

19.12.02 14:57

キャロウェイの新作!?『MAVRIK』と『MAVRIKサブゼロ』が適合リストに登録されました!

 

キャロウェイの新作!?『MAVRIK』と『MAVRIKサブゼロ』が適合リストに登録されました!

R&Aのコンフォーミングリストに、キャロウェイの新作と思しきヘッドが登録された。当該クラブに関するアナウンスは米国でも一切なく、2020年の新作に関する発表はまだされていない。登録されていたのは『MAVRIK』と『MAVRIKサブゼロ』の2機種で、左用も両機種が登録されている。これは、「MAVERICK = 一匹狼、群れを離れた者」の略語だと想像でき、『マーベリック』と読む他なさそう。

また、既存の『ROGUE』シリーズも「反逆者、荒くれ者、ならず者」といった意味を持っており、発売時に同社は「【既成概念に捉われない】【他と同じではない】【一歩先を行く】製品を世に送り出そうというコンセプト、強い意思が込められています」としていた。このことからも、登録された『MAVRIK』は『ROGUE』シリーズの後継に位置する2020年モデルと見て間違いなさそう。

なお、アジアや日本モデルの証である『STAR』の登録は現段階ではない。R&Aの適合リストによるロゴ情報によれば、フェースには「FLASH FACE SS20」と書かれた丸いグラフィックデザインがあるとされている。同リストに掲載されたということは、いつでもツアープロたちが試合で使える状態になったということ。

国内女子ツアーは終了したが、今週国内男子ツアーの最終戦「日本シリーズJTカップ」が行われる。ここで初お目見えするかどうか、要注目だ。(ちなみに、ミズノは未発表のプロトタイプ、『ST200』『ST200X』シリーズを武藤俊憲時松隆光、原英莉花らが既に使用開始している)

⇒原英莉花が投入した、ミズノの未発表モデル『ST200X』とは何か?

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!