ミズノ『ST200X』『ST200』ドライバーのアマ試打レポ。筒絶句 「コレはもう、外ブラです!」 | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

ミズノ『ST200X』『ST200』ドライバーのアマ試打レポ。筒絶句 「コレはもう、外ブラです!」

ミズノが世界戦略モデル『ST』シリーズを、海の向こうのPGAショーで世界同時発表。既に原英莉花や時松隆光ほかが投入している謎のドライバーをマニアックチームが大解剖!

2020年01月23日

 

まずは、ルックスとテクノロジーを確認!

ソールのデザインもサイズもそっくりな2つですが、フェース角とライ角が全然違いました!『ST200』はかなりフラットです
筆者 「これがミズノの新作『ST200X』と『ST200』ドライバーです。構えてみると分かるとおり、置くと『ST200』の方がフェース角が開いて見えるし、ライ角もフラットに見えますね。左が利き目のボクからすると、2°はオープンに見える。左を嫌がる人とか、叩きたい人に合いそうな形状ですね」

PCM筒康博(以下、筒) 「はい。反対に『ST200X』はややフックフェースでアップライトですか? すごくトゥとかヒールとか全体のバランスがキレイな顔をしているので、フックフェースがまったく気にならないですが。(コレ、マジで使えそう……、ちょっと開いて使いたいなぁ……)」

PCM編集長(以下、P編) 「長岡、この2つは世界戦略モデルなんだよね? 今まで『ミズノプロ』だったのが、いきなり『ST』になったけど、海外で『ST』は3代目でしょ? たしか去年、前作『ST190』ドライバーを使ってキース・ミッチェル選手が優勝していたよね? 原英莉花プロも早くから『ST190』のFWを使っていたけど、新作は何か新しいテクノロジーは入ったのかな? カーボンクラウンになったことは見れば分かるけどさ」
『ST-190』を使用し、キース・ミッチェルが、年の「ホンダクラシック」で勝利
筆者 「はい、ボクの記憶が正しければ、ミズノの国内モデルのカーボンクラウンは2004年の『MP-001』ぶりのはずです。今回の新作は、『ミズノプロMODEL-E/S』と同じ、高反発ドライバーに使用される禁断の素材【βチタン】で出来ていて、ギリギリの高CTにフェースの反発を増してるみたいですね。それと、純正シャフトの性能にもこだわってるようです

P編 「なるほど。コレ、ZOZOに行った時にPGAツアー選手たちがテーラーやPINGより飛ぶ!って話してたヤツだろう? なるほど、そういうことだったのか。それに、『ミズノプロ』はフルチタンだったけど、高重心だったからバックスピン量が多かったのが玉に瑕だった。カーボンクラウンになって、低重心化も進めたっぽいね。前に話してたとおり、これ、テーラーとキャロウェイの間の子って感じじゃないのかな? じゃ、練習ナシのぶっつけ本番でスタートしよう」

▶原英莉花が投入した、ミズノ『ST200X』の脳内試打。●●と▲▲の合体!?

筆者 「………。(えっ、練習ナシ!? マジか…)」

まず、3人とも『ST200X』でスタート。「コレは……」

狭いスタートホール、『ST200X』で置きに行くと?
―― パシィーーン×3人 ――

筆者 「めちゃめちゃボクにとっては軽くて柔らかいので、絶対チーピンかシャフトが戻りきらずに右を警戒しましたけど、いい感じの中断道ドローでした!(ホッ)村田さんも、警戒して全然振ってなかったけど、ボクより高弾道のストレートドローでしたね! なんだろコレ、純正シャフトの性能かなぁ〜、軽さ的にはじゃじゃ馬になるはずなのに……」

P編 「左はOBだし、右は林だし、私も相当警戒して置きにいったけど、シャフトがいい感じに走ってビタッとインパクトで復元してくれたね。まったく振ってないのに、ピンポン玉みたいに弾いていったよ。いい球だったなぁ〜〜

 「ちょっと! ボクも中・高弾道ストレートだったでしょ、ちょっとは褒めてくださいって」

筆者 「筒さん、けっこう振ったでしょ? だって、筒さんが練習ナシでスタートから260ヤードも普通飛ばないじゃないですか」
両機種ともに、禁断の素材「βチタン」を使っていて、シャフトも軽量の「PLATINUM MFUSION」(オレンジ)と「MFUSION」(青)を用意
 「この状況で振れるわけないでしょ! あの振りでここまで来ていることに一番驚いてるのはボクなんですけど。これ、たしかにミズノの言うとおり、かなりフェースの反発が高いのは間違いなさそうですね。それに、この純正の『MFUSION』シャフトって、軽いですけど全然暴れる感じがしないです

P編 「お〜〜い、私はあんなに置きにいったのに、筒さんより前だよ?」

筆者 「………。(マグレの一発でしょ!無視しよう)」

―― 全員ウェッジをちょん乗せし、次ホール。筆者フックで約245y、P編も左に巻き込み230y、筒ストレートドロー255y ――

P編 「スタートホールでナイスショットだったから、つい調子に乗って力んじゃったね。やっぱりつかまり過ぎる感じもするから、置きにいった方が結果が出るかな……」

筆者 「でも、なんか『MFUSION』シャフトが気持ちよく振れちゃうんですよ。軽さで力みづらいのはあるはずなんですけど、ボクのヘッドスピード(最大50m/s)でも暴れないのが意外ですね…」

筒 「長岡さん、可変スリーブで調整していいですか?」

『ST-200X』のノーマルポジションだとつかまり過ぎるため、【LOW】ポジションでフェースを2°開きました。これが大ビンゴ!
筒 「長岡さん、本当はノーマルポジションで打ち続けるべきなんでしょうけど、ちょっと可変スリーブで調整してもいいですか? ノーマルポジションの『ST200X』のつかまりの良さは全員理解したと思いますので…」

筆者 「そうですね。ノーマルポジションなら、かなり頑固なスライサーでもストレートに打てるくらいのつかまりは感じました。いいですよ、変えても」

―― 筒、カチャカチャで調整 ――

 「!!! うわぁ〜〜、やっぱり!! 見て、長岡さん。この顔

筆者 「!!! おっ、めちゃくちゃいい顔になりましたねぇ〜。どストライクです、この顔! 可変ポジションはLOWですか?」

 「はい。フェース角が2°マイナスで、ロフトも2°減りました。心配なのはそこだけですけど、ちょっとこれで打ってみましょうか! ちょうど282yの真っすぐなミドルです。左右OBですが、行ってみましょう!」

―― パシィーーン×3人 ――
LOWポジションだと、思い切り振れるし、ラインが出ます!
筆者 「ボク、けっこう当たりましたよ。っていうか、めちゃくちゃ打ちやすい! 超いい顔で、しっかり振れたし、超真っすぐ! 糸引くような中・高弾道ストレートでした!」

P編 「私はけっこう下目に当たった感触だったけど、球は悪くなかったね。うん、打ちやすい!」

 「………。ボクは、いい当たりだったのに、フェアウェイ真ん中の立ち木の枝にカコッ!って当たっちゃいました……残念!」

筆者 「あれっ筒さん、こんなとこまでボール来てますよ。枝に当たったのに270くらい飛んでますって! ナニコレ……。っていうか、ボク、グリーンに届いてました!」
木の枝に当たったのに、270y近く飛んでいてビックリ!
P編 「………。(ぐぬぬ…、長岡に8ヤード負けた…)でも、今の当たりでここまで飛ぶんだね。芯に当たったら、グリーンオーバーしたかもしれない。(キリッ)当たらなくて良かったよ。これ、キャロウェイみたいに初速が速いのは間違いないけど、それだけじゃないね。低スピンでランも出る。今までの『ミズノプロ』とはやっぱり違うよ。カーボンクラウンで低スピンだし、テーラーメイド要素が入った気がする…

筆者 「っていうか、今年は暖冬とはいえ、1月半ばにこれだけ飛んでくれると嬉しいですね。『ST200X』を原英莉花とか、時松隆光がすぐに『ミズノプロ』から入れ替えた理由がよくわかりました。これ、シャフトもただの軽くて柔らかいシャフトじゃないですね。よくしなるけど、復元が速いし、しかも暴れないからすごく気持ちよく振れます。ヘッドもいいけど、シャフトの性能がかなり効いてる気が…」

 「………。(ボクの可変調整のおかげもあるのに、そこは触れないのね……泣)」
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」速報
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の速報はこちら
川村が出場! 「オマーンオープン」速報
川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オマーンオープン」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!