空気を切り裂いて飛ばす、テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』ドライバー、大解剖! | 話題のクラブ…すぐ武器になる1本か、否か!?

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

空気を切り裂いて飛ばす、テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』ドライバー、大解剖!

最先端テクノロジーで最高のドライバーを作り続けてきたテーラーメイドから、前作の『M』を超えるモデルが誕生。これまでの技術に空気力学を融合させ、飛びと寛容性を両立した『SIM』ドライバーだ。

2020年02月13日

 

「Shape in motion」、形状の見直しで理想のドライバーが完成

ゴルファーが求める最高のドライバーの条件は、ズバリ“飛んで曲がらない”こと。しかし、クラブの設計上、飛距離を追求すれば寛容性が低下し、寛容性を上げればスピンが増えて飛距離が伸びないというジレンマによって、理想の実現は阻まれてきた。

そこで、不可能を可能にするため、テーラーメイドが持てる技術を総動員して作り上げたのが『SIM』ドライバーだ。まずは、新たなヘッドシェイプによる空力効果でヘッドスピードアップを実現。そして、進化したマルチマテリアル技術による低・深重心設計で、高慣性モーメントと低スピンの両立に成功。

さらに、『M』シリーズにも搭載された「ツイストフェース」と「スピードインジェクション」が、寛容性とボール初速アップをサポート。『SIM』ドライバーは革新的なテクノロジーをてんこ盛りにすることで不可能を可能にした、“飛んで曲がらない”ドライバーなのだ。

【Point 1】 エアロシェイプでヘッドスピードが加速

一般のドライバーよりもクラウンとソールの後ろを持ち上げ、きれいな流線形にすることで空気抵抗は減少する。ただし、重心が高くなってスピンが増えるというデメリットもある。青い部分が空気の抵抗を受けている箇所で、『SIM』は前作の『M6』に比べて、明らかに空気抵抗が少ないのがわかる。『SIM』シリーズは、まず、この空気抵抗低減によるヘッドスピードを追求している。

【Point 2】 イナーシャジェネレーターとマルチマテリアルで寛容性と低重心を両立

エアロシェイプでも重心が高くならないように、カーボンクラウンなどマルチマテリアルで生まれた余剰重量をヘッドの後方下部に配置。この「イナーシャジェネレーター」と呼ばれる突起が、高慣性モーメントと低スピンの両立を可能にした。

慣性モーメントの高さが上がるほど、スピン量は増えるトレードオフの関係を示した図を見てほしい。Aは低スピンの球は打てるがミスヒットにはシビアなエリア。Bは曲げずにやさしく打てるがスピン量が増えるエリア。マルチマテリアルでイナーシャジェネレーターが付いた『SIM』と『SIM MAX』は、これまで実現が難しかった、“慣性モーメントが大きくて低スピンで飛ばせる”エリアのクラブなのだ。

【Point 3】 斜めの角度でダウンスイングの空気抵抗カット

「SIMシリーズ」のシェイプでもっとも特徴的なのが、トゥ寄りに傾けたイナーシャジェネレーター。これは、ヘッドがもっとも加速するハーフウェイダウンからインパクトにかけて、空気抵抗が発生しないための秘策なのだ。

突起が真っすぐだと、フェースが開いて下りてくるハーフウェイダウンで空気抵抗をモロに受ける。突起を斜めに設置することで、ヘッドの加速時に空気の流れがスムーズになる効果があり、ハーフウェイダウンでフェースが約30度開いているときに突起が真っすぐになるように設計。ヘッドがもっとも加速する場面で空気がスムーズに流れるようになっている。

人気の機能も健在!

ツイストフェースでミスヒット時の曲がりを抑える
フェースのトゥ側が開き、ヒール側が閉じる方向にネジることで、打点がズレたときにギア効果が働き曲がり幅を抑えてくれるテクノロジー。前々作『M3』『M4』から継続して「ツイストフェース」が曲がりを抑える

スピードインジェクションでルールギリギリの反発性能に
こちらは前作『M5』『M6』から入ったテクノロジー「スピードインジェクション」。いったんルール上限を超えた高反発ヘッドを作り、フェースの裏側に樹脂を流し込むことでルールギリギリの反発性能を生み出す。これにより、プロ用ヘッドもアマチュア用ヘッドも、すべてが高CTとなる。

新旧スピード対決 『SIM』は前作より1m/sアップ!

空気抵抗の減少を目指し開発された『SIM』シリーズ。その空力機能によって本当にスピードが上がるのかを確かめるべく『M』シリーズと比較すると、ヘッドスピードも飛距離もアップするという結果に。実際に『SIM』を打ってみて、その振り抜きの速さと飛距離に衝撃を受けたというのは、最新ギアとスイング理論に精通する海老原秀聡プロだ。

「空気抵抗は目に見えないので信じられないかもしれませんが、『SIMシリーズ』の振り抜きのスピードは、これまで打ったどのクラブよりも速いと感じますね。本当にインパクトエリアの空気抵抗が丸ごとなくなった感じでヘッドが走る感じがします。また、スイートエリアの広さに加え、ヘッドとシャフトのマッチングがよく自然とスクエアにインパクトできるのも、ヘッドスピードアップにつながっています。その結果、『Mシリーズ』よりもボクは約1m/sヘッドスピードとボールスピードがアップしました。飛距離も前作より6〜8ヤード伸びるデータが出ています」(海老原プロ)

アマチュアテストがプロより凄かった!

また、タイプの異なる6人のアマチュアゴルファーにも自分のドライバーと、どちらが速く振れるか比べてもらったところ、何と全員のヘッドスピードがアップ。その数値は最大で2.9m/sにも達し、平均でも約2m/sと大幅アップし速く振れる結果に。プラシーボ効果もあるのか、海老原プロの約1m/sよりもはるかに大きな数字だ。

これについて、「元々スイングの完成度が高く、エネルギー効率のいい上級者やプロゴルファーよりも、イナーシャジェネレーターの効果はアマチュアの方が恩恵が大きいのかもしれません」。試打時にそう印象を語っていた、海老原プロの言葉通りのテストデータである。

ただし、2.9m/sアップした辻田さん、中村さんは両方打った中で『SIM』が上がり、2.4m/sアップの水谷さんは『SIM MAX』の方がヘッドスピードアップと、結果の出る機種が分かれた。そして、プロをも凌ぐヘッドスピードを持つかなりの猛者たちだったが、大きくヘッドスピードアップに成功している。やはり、自分に合う機種を選ぶという観点も、いい結果には見逃せないだろう。次ページで、2機種の違いを詳細に見ていこう。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」速報
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の速報はこちら
川村が出場! 「オマーンオープン」速報
川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オマーンオープン」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!