PGAツアーで【飛んで曲がらん】と話題の『M3』『M4』は、女子ツアーでもまったく同評価だった! | こだわる理由、変えた理由…ツアー現場の“裏ネタ”

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

PGAツアーで【飛んで曲がらん】と話題の『M3』『M4』は、女子ツアーでもまったく同評価だった!

3月に入ると同時に開幕した国内女子ツアー。早くも数試合を終え、熱戦が盛り上がっている。そんな中、飛んで曲がらないクラブを探しにツアーでいろいろ聞いてみると、やっぱりこのクラブが絶賛の嵐でした…。PGAツアーだけじゃないんですね、この『M3』『M4』人気…。

2018年03月22日

ミスヒットでも幅に収まり距離も落ちにくい

 
女子ツアーに投入された『M3』『M4』ドライバー(撮影すべて・上山敬太)
いよいよ始まった国内女子ツアー。開幕戦から熱戦が繰り広げられるなか、気になるのは選手たちが手にする新たなギアの数々だ。

米国男子(PGA)ツアーで勝利を重ねる話題のドライバー『M3』と『M4』は、女子プロの間でも「飛んで曲がらない」と評価が高く、手にするプロが増えていた!

「操作できるから『M3 440』ドライバーです」(永峰咲希)

永峰咲希は操作性で『M3 440』ドライバーを選択
 永峰咲希は、「小ぶりなヘッドが好み」と「M3」の440をチョイス。抜群の操作性が決め手だった。「M4は同じ球が打ちやすく、M3は操作性が良いというのが第一印象。私はボールをコントロールしていきたいタイプなので、それができるヘッドを選びました」。

ロフトを1度寝かせたのは、高さ確保とつかまり具合の兼ね合いだ。「持ち球はドロー系で、チーピンになるのは絶対に避けたいミス。ヘッドである程度のつかまりを確保して、決してスイングでつかまえにいかないようにしています」。

「ツイストフェース」でミスの許容範囲が広がっている

ハイトゥ・エリアはオープンかつロフトを寝かせて低弾道フックを抑制。もちろん、永峰の嫌がるチーピンも防ぐ
 ミスの許容範囲が格段に広がったことも「M3」が頼れる点だという。「ヒールに当たって右に抜けるミスがありましたが、その曲がり幅が全然違います。多少のミスならミスじゃないみたい、全然曲がりません」。そう感じさせているのは、今作から搭載された「ツイストフェース」の存在が大きいだろう。

当たり前の話だが、ドライバーで飛ばずに曲がるのは、フェースの芯に当たっていないのが原因だ。ヒールやトゥに当たれば、右へ弱々しく飛んだり、急激に左へ曲がるボールとなる。そんな打点とフェースの向きには相関関係があり、それに着目して開発されたのが今作で採用された「ツイストフェース」である。
ローヒール・エリアはややクーロズかつロフトを立たせて高弾道スライスを低減
 フェースをねじることでミスヒットでも、曲がり幅を抑え飛距離も落ちにくくなっている。

 具体的には、フェースが閉じて当たりやすいトゥ側の上部をオープンにしてロフトを寝かせ、開いて当たりやすいヒール側の下部はクローズにしてロフトを立たせた。絶妙の角度が付けられたことで、平均で15ヤード曲がっていた幅を約5ヤードに抑えることに成功したのだ。

「多少ミスしても大丈夫なのは、プロだって心強い」(松森彩夏)

松森彩夏はミスヒットで曲がらない高性能に驚いていた
「顔が好き」と構えやすさ重視で「M3」を選んだのは松森彩夏。弾道やミスへの強さは甲乙付けがたいという。

「M3もM4も、これはミスしたなって思ったスイングをしても、ボールが曲がらないのには驚きましたね。どちらかと言えば、ヒールヒットで右に滑ることがあるけれど、それがほとんどない。多少ミスしても大丈夫と思えるのは、プロだって心強いです」(松森彩夏)

「15ヤードくらい飛距離が伸びました」(松森杏佳)

「M4」に変えて飛距離を伸ばした松森杏佳
 妹の杏佳は、「M4」に替えて大きく飛距離が伸びた。

「10から15ヤードくらい飛距離が伸びています。特に初速が格段に速くなった感触があります」(松森杏佳)

この初速アップには、新たなテクノロジー「ハンマーヘッド」がその一端を担っている。ヘッド内部の2本の硬いリブにより補強されたフェーススロットと、より薄く軽くなったフェースは、スイートエリアを拡大すると共に、反発性能を最大値に近い値まで引き上げた。
新技術の「ハンマーヘッド」

「どっちもミスに強くて弾道も強いです」(宮田成華)

ツアールーキーの宮田成華は「M4」で250ヤード超えを連発
ツアールーキーの宮田成華は、弾道の強さを実感している。

「M3とM4どちらもつかまりがよくてミスにも強い飛ばせるヘッド。私が打った時により強く、落ち際粘ってひと伸びする、最後まで力強さを感じたのがM4です。ちょっと開いているように見えるけど、私にとってはつかまえやすい要素です」(宮田成華)

ドライバーの飛距離は250ヤード超えの飛ばし屋は、頼れるクラブを手にしてことでシード獲得、初優勝への手応えを感じたようだ。

 開幕戦では、急遽「M4」を手にして「大幅に飛距離が伸びた」という諸見里しのぶが上位に食い込むニュースが話題になった。

大幅な飛距離アップ、ミスが幅に収まり飛距離も落ちなくなれば、セカンドの状況は大きく変わる。練習量が少ないアマチュアこそ、「M3」&「M4」の恩恵を受けやすいのは確実だ。
永峰は「M3」ドライバーと「M4」FW、レスキューまでもを使用。これからPGAツアーのように、他のプロも永峰のセッティングのようになっていくはず…
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」ライブフォト
ツアー会場からリアルタイムで写真をお届け!「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」のライブフォトをチェック!
「ザ・プレーヤーズ選手権」結果
松山英樹は8位タイフィニッシュ! 米男ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」の速報はこちら
欧州男子ツアー
「マジカルケニアOP」速報
"虎さん"ことチェ・ホソンが出場する欧州男子ツアー「マジカルケニアオープン 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
ゴルフギアの新定番!
ツアープロたちの間では、コンディション管理に「アミノバイタル」 が欠かせないと言う声が多い。過酷なツアーで戦い続けるプロたちに活用術を取材してみた。
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
ゴルフがうまくなるアプリ?24時間無料で動画配信中
GOLF Net TVは、「ゴルフを、より身近に、より楽しく」をコンセプトに、魅力あふれるオリジナルゴルフ動画を、多彩なチャンネルで24時間無料配信中
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!