意外と打てる?! 難しいはずのロングアイアンを勧める理由 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

意外と打てる?! 難しいはずのロングアイアンを勧める理由

text by Kazuhiro Koyama

2018年09月28日

ごく普通のゴルファーが、ロングアイアンをビシビシ打てた!

 
3番アイアンの入ったアイアンセット。※写真は『ミズノプロ118』
ピンのNEWアイアン、『i210』と『i500』が発表されたときのことだ。メディアが参加して、実際にコースで試打する機会に恵まれた。試打が目的なので、ティショットからすべてアイアンで打つ。

『i210』と『i500』はどちらも3番アイアンからのラインナップ。ティショットでは、やはり距離を稼ぎたいので、使う番手は3番や4番アイアンになる。参加した人の多くが、「3番アイアンなんて打つの、何年ぶりかな?」とロングアイアンを打つことに戸惑いを感じていた。

しかし、実際にラウンドすると、ほとんどの人がロングアイアンをビシビシと打っていた。特段、上級者が多いわけではないが、当たらない、前に飛ばない、大きく曲がるといったトラブルはあまり見られなかった。距離も出ていて、多くの場合、170〜200ヤードくらいは飛んでいたのだ。これは、驚きの事実だと言っていい。

20年ほど前のアイアンは、3番アイアンからランナップされることが当たり前だった。3番から入って、ウェッジがPW、AW、SWの3本の合計10本セットで販売されていた。男子プロや上級者は、さらに2番アイアンを入れてアイアンを11本にしていた。ウッドはドライバーとスプーンの2本、それにパターで14本というのが定番で、それがアベレージ層には憧れのセッティングだったものだ。

2000年台前半から、アイアンは今のように5番からPWまでの6本セットで販売するようになった。これは、3番4番を打ちこなせる人が少なかったのと、この頃から、クリーブランドボーケイフォーティーンなど単品で発売されるウェッジが増えたのに対応するためだ。

とはいえ、その当時、これほどロングアイアンが廃れることになると予想した人はほとんどいないだろう。それから10年余りで、入れて当たり前だったロングアイアンが、ゴルファーのキャディバッグからほとんど姿を消してしまった。

その要因は、ロングアイアンの代わりとなる、ユーティリティやショートウッドが定着したことだ。真っ直ぐ打つことも、ボールをあげることも、番手間の距離差をしっかり出すことも難しいロングアイアンに比べて、これらのクラブはやさしく前に飛んでくれる。スコアメイクにはありがたいクラブだ。

ところが、それから20年弱の時を経て、ロングアイアンは以前よりも格段にやさしくなっているようだ。『i210』と『i500』の3番アイアンを嬉々としてショットし、「当たった!」、「飛んだ」と喜んでいるゴルファーの姿を見て、認識を改めなくてはいけないと感じた。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

舞台は北アイルランド!「全英オープン」特設ページ
2019年最後のメジャー「全英オープン」特設ページはこちらから。
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!