ツアーを席巻中!! 『M2 フェアウェイウッド』の実力とは? | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

ツアーを席巻中!! 『M2 フェアウェイウッド』の実力とは?

text by kazuhiro koyama

2016年05月12日

契約外の選手が続々と使用

 
 国内男子ツアー「中日クラウンズ」で、早々と今季2勝目をあげたキム・キョンテ。クラブのほとんどをタイトリストで固めているキョンテだが、今季はテーラーメイドの『M2 フェアウェイウッド』の3番を使用。ティーショットなどで多用し、好成績に結びつけている。

 キョンテだけではない、すでになんと30名を超えるプロが、3番ウッドを『M2』にスイッチし、試合で投入している。そのうちの多くは、テーラーメイド契約ではない、契約外の選手だ。キョンテのように他のメーカーの看板プロでさえ、3Wだけ『M2』を選んでいるという事実は、クラブの完成度の高さが伺える。

『M2 フェアウェイウッド』の人気は、国内だけにとどまらない。すでに海外のトッププレーヤーも続々と使用を開始している。ダスティン・ジョンソンのように、ドライバーとフェアウェイウッドの両方を『M2』にする選手もいるが、ジェイソン・デイのように、ドライバーは『M1』を使い、フェアウェイウッドのみ『M2』を使っている選手も少なくない。スプーンは『M2』という選手がグローバルで増えているのだ。

 テーラーメイドでも「ロケットボールズのヒット時を超える手応えを感じています」という。ご存知のように、ロケットボールズ、通称“RBZ”は、2012年に発売され、空前の大ヒットとなったクラブ。現在の低スピン3Wのさきがけとなったモデルだ。テーラーメイドの躍進を決定づけた、かつての大ヒットモデルとメーカーも状況を重ねる。
ツアー屈指の飛ばし屋 額賀辰徳のクラブセッティング
『M2 フェアウェイウッド』主な使用プロ(順不同)

キム・キョンテ
松村道央
永野竜太郎
額賀辰徳
高山忠洋
矢野東
プラヤド・マークセン
藤田寛之
尾崎将司
尾崎直道
室田淳
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!