57歳カプルスが356ヤード飛ぶ秘密 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

57歳カプルスが356ヤード飛ぶ秘密

text by Kazuhiro Koyama

2017年05月02日

『TOUR B330S』の飛距離性能に信頼を寄せるレキシー・トンプソン

 
米LPGAツアー飛距離ランク1位のトンプソン(撮影:GettyImages)
 カプルスと同様、『TOUR B330S』を使用して、大きな飛距離をマークしているのが、現在、「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」に参戦中のレキシー・トンプソンだ。

 現在、米国LPGAでもドライビングディスタンスは堂々の1位。昨年のこの大会でも日本選手の度肝を抜く飛距離で、圧倒的強さで優勝したのは記憶に新しい。今年も300ヤードを超える飛距離で、ギャラリーを楽しませてくれている。

 シニアであるカプルス、女子選手であるトンプソン、そしてマスターズ最終日にホールインワンをマークしたマット・クーチャーなど、それぞれカテゴリーが異なる選手が、同じ『TOUR B330S』で飛ばしているというのは興味深い。かつては、パワーのある人は硬く、非力な人は軟らかいボールを使うと相場が決まっていたものだが、そんな常識にも変化が生じているようだ。

 さらに、電撃的なボール契約をしたタイガー・ウッズや、次代のスターと目される“ゴルフの科学者”、ブライソン・デシャンボーも、彼らと同じように、軟らかいフィーリングで飛距離性能に優れた『TOUR B330S』を愛用している。どんなタイプの選手でも高いパフォーマンスを発揮できるツアーボールなのだ。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!