57歳カプルスが356ヤード飛ぶ秘密 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

57歳カプルスが356ヤード飛ぶ秘密

text by Kazuhiro Koyama

2017年05月02日

57歳でも300ヤード。ボールの進化の恩恵を受けたカプルス

 
マスターズでは驚きの365ヤード弾まで披露したカプルス(撮影:GettyImages)
 今年で57歳になるフレッド・カプルスのマスターズでの活躍は印象的だった。2日目を終わって堂々の6位タイ(※最終結果は18位タイ)。4日間を通して、大いにオーガスタのパトロンを沸かせていた。

 特に驚くのは、その飛距離だ。5月1日時点で米シニアツアー(Champions TOUR)の飛距離ランキングで4位(平均295.947ヤード)、マスターズでは最大で365ヤードをマークするなど、若い選手に負けないビッグドライブを連発していた。

 かつては、“ブンブン丸”と呼ばれ、飛ばし屋として知られたカプルス。92年のマスターズで優勝したころ、ドライバーはパーシモンで、ボールは糸巻きバラタを使用し、恵まれたパワーを活かして飛ばしていた。

 57歳になった現在、その全盛期以上の飛距離を出すことが出来るのは、紛れもなくギアの進化のおかげだろう。かつて、ツアープロとしては比較的早くキャビティアイアンを取り入れたカプルスは、ギアにも精通していて、その利点を活かすことに長けている。

 そのカプルスの眼鏡にかなったボールが、『TOUR B330S』だ。タイガー・ウッズが選んだことで、先日来、国内外で話題になっているブリヂストンのツアー系ボールである。

 カプルスは、アプローチでは強いスピンがかかり、ドライバーではバックスピンを軽減して飛ばすことの出来るボールの性能を上手く活用している。かつてのパーシモンと糸巻きバラタの時代に比べると、劇的にドライバーが低スピンとなることで、大きな飛距離を出しているのだ。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「全米オープン」のリーダーボード
松山英樹、石川遼、今平周吾、金谷拓実が出場! 海外メジャー「全米オープン」のリーダーボードはこちら。
松山英樹、石川遼ら出場! 全米オープンの組み合わせ
松山英樹、石川遼、金谷拓実、今平周吾が出場。「全米オープン」の組み合わせ表はこちら。
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
【全米OP】松山英樹のプレー詳細は一打速報でチェック!
「全米オープン」に挑む松山英樹。プレーの詳細を一打速報でチェックしよう!
「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせ
国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせはこちら。
シブコが出場! 米国女子ツアーのリーダーボード
渋野日向子ら出場! 米国女子ツアー「キャンビア・ポートランド・クラシック」のリーダーボードはこちら。
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!