石川遼は軟らかいインサートが好み? インサートで変わるボールの転がり | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

石川遼は軟らかいインサートが好み? インサートで変わるボールの転がり

text by kazuhiro koyama

2016年10月04日

石川遼が新パターをテスト!

 
オデッセイ DYPEパターの2Mをテストした石川遼
『ANAオープン』の練習日、石川遼が新しいマレット型パターをテストしたことが話題になった。ソールに、ドルや円、ユーロなどのマークが刻印されていることから、その頭文字を取り『DYPEパター』と呼ばれているものだ。ツアー仕様の限定モデルで、すでに9月24日に発売となったので、ゴルフショップの店頭で見たゴルファーもいるだろう。

 石川は、これまでのオデッセイのラインナップにはなかった、『#2M』というやや大振りなマレット型タイプをチョイス。トウとヒール部に重量がある、いわゆるアンサー型に、大きく角張ったフランジがついた形状で、石川が愛用する『#9』よりも二回り大きいものの、そのあたりが少し似ていると言えなくもない。

 本人のコメントによると、この『DYPEパター #2M』は、「ラインに対してストレートに打っていきやすいパター」という評価だった。石川曰く、パッティングの感覚が良いときは、L字マレット型を使っているものの、「L字でちょっと癖がつきすぎてしまった時に、バランスを取るために、L字とは対象的なマレットを使用している」のだという。

 目下、石川は出場した3試合でベスト3を外していないという好調ぶりで、今のところパターをすぐスイッチするということはないようだが、大きめのマレット型パターを使うことで、例えば、フェースの開閉が強くなりすぎたり、左めに外すことが多くなったときなどに、ストロークを矯正する効果がありそうだ。

この『DYPEパター』は限定生産モデルだが、そのスタンダード版である『MILLED COLLECTION TX パター』も10月21日に発売になる。ヘッドカラーは、シルバーから重厚感のあるブラックになった。軟鉄の削りだしボディに、オデッセイおなじみの「ホワイトホットインサート」がついているハイエンドモデルだ。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!