落胆から歓喜 ゴルフの醍醐味と心地良さ【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

落胆から歓喜 ゴルフの醍醐味と心地良さ【舩越園子コラム】

2017年05月08日12時08分

ツアー通算2勝目を挙げたブライアン・ハーマン

 

ツアー通算2勝目を挙げたブライアン・ハーマン(撮影:GettyImages)

ウェルズ・ファーゴ選手権」最終日の終盤は、文字通り、手に汗握る展開だった。首位タイで先にホールアウトしたダスティン・ジョンソンパット・ペレスのプレーオフになるのかどうか。その2人にブライアン・ハーマンジョン・ラームが追いつき、追い抜いて優勝することができるのかどうか。

石川遼が現状を語る「あのような1打のために練習している」

ゴルフファンの興味や期待が膨らむ中で72ホール目のフェアウェイに立っていたハーマンの姿は少々頼りなく見えた。17番でバーディを奪い、ジョンソン、ペレツと並ぶ通算9アンダーで18番のパー5を迎えたハーマン。一度は手にした5ウッドは彼にとってはグリーン手前へ運ぶための安全策のはずだった。だが、観衆から上がった落胆の声に反応し、彼は3ウッドへ持ち替えた。

そんなハーマンの姿にハラハラドキドキさせられた。案の定、彼の2打目はグリーン左奥へオーバー。観衆の落胆の声が聞こえてきた。木の枝を交わしながら低くしか球を出せない難しい寄せが残り、第3打はグリーンに乗っただけ。観衆の落胆のみならず、ハーマンの落胆ぶりも見て取れた。

だが、その直後、ハーマンは9メートルのバーディパットをカップに沈め、勝利をもぎ取った。激しいガッツポーズと雄叫び。グランドスタンドの大観衆の狂喜の声。

たった1打で大きな落胆が大きな喜びに一変するこういう瞬間こそがゴルフの醍醐味だとつくづく思った。「ああ、ダメだ」と肩を落とした選手が、たった1打でチャンピオンに様変わりした場面を目にすると、人生にもそんな大どんでん返しはきっと起こる、起こせると思えてきて元気が出る。ゴルフで人々に夢や勇気をあげるとは、そういうことだとつくづく感じた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!