天国に捧げるニクラスのショット! 感動の式典に男泣き【編集T初めてのマスターズ#5】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

天国に捧げるニクラスのショット! 感動の式典に男泣き【編集T初めてのマスターズ#5】

2017年04月07日13時56分

ジャック・ニクラスがパーマーに捧げるナイスショット!

 

ジャック・ニクラスがパーマーに捧げるナイスショット!(撮影:上山敬太)

マスターズ初日が終わった。気温も上がらず、風速10メートルを超える厳しいコンディションの中。朝から感動的なシーンを見ることができて、久しぶりに“グッ”ときた。

またしても竜巻襲来!? DJの不運に不穏な空気……【編集T初めてのマスターズ#4】

初日のトップがスタートする前に恒例のオナラリー(名誉)スタートが行われた。わかりやすくいうと始球式。かつては、バイロン・ネルソンやジーン・サラゼン、サム・スニードが務めた。2007年からアーノルド・パーマーが大役を受け継ぎ、10年からジャック・ニクラス、12年からはゲーリー・プレーヤーも加わった。ビッグ3による始球式が昨年まで行われたのだが、今年は悲しみのスタートとなった。昨年9月に87歳で亡くなったパーマーの姿がないからだ。1955年に初出場してから、選手として名誉会員として会場にいたパーマー。61年ぶりにパーマー不在のマスターズとなった。

ニクラスが天国のパーマーに向けて黙とう…

朝、プレスセンターに入ると、入り口でスタッフさんからある缶バッジを渡された。「私はアーニーズ・アーミーのメンバーです」と書かれている。そうアーニーとは、パーマーのことだ。缶バッジを身につけることで、今日はパーマーの応援団になるということ。パトロン、メディア、大会関係者すべてが身につけるのだ。ああ、今日は特別な日なんだなと実感する。

朝7時40分から始まったセレモニー。オーガスタナショナルGC、マスターズ委員会のチェアマンであるビリー・ペイン氏が、パーマーのグリーンジャケットを持って一番ティグラウンドに登場。横にはパーマーの奥様。ティグラウンドセンターに置かれた純白のイスにグリーンジャケットがかけられた。「開幕を迎えるのはうれしいが、同時に今日は悲しい日でもある。皆に愛されたアーノルド・パーマーがいないのだ」。パーマーには直接会ったことはない。プレーを見た記憶もほとんどない。それでもゴルファーとして、レジェンドが亡くなったという現実が重く心に響いた。

【関連記事】

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!