グータッチにガッツポーズ!日本チームは後半に伸ばし10位発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

グータッチにガッツポーズ!日本チームは後半に伸ばし10位発進

2016年11月24日16時20分

16番でバーディを奪い、グータッチをかわす松山と石川(撮影:福田文平)

<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 初日◇24日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>

終盤に見せ場を作った日本チームがまずまずのスタートを切った。松山英樹石川遼の日本チームは前半で3オーバーまでスコアを落としてしまったが、後半では2つ伸ばし1オーバー10位タイにつけた。

巨大なパイソンとどや顔ファウラー 

石川が出だしは「緊張して、バタバタしてしまった」とラウンド後に話したように、前半は会話が少なかった日本チーム。石川はショットが、松山はパッティングが思わしくなく2番パー3から連続ボギー、4番で1つ取り返したが、6番パー3では痛恨のダボを叩き、3オーバーまでスコアを落としてしまった。

チームの雰囲気が変わったのは10番。石川が5番アイアンで確実にフェアウェイに置くと残り112ヤードを松山がスピンの効いた球で1メートルにつけバーディを奪取。やはりゴルファーにとってはバーディが一番いい薬。ここで少し息を吹き返すと、14番パー5はボギーとしてしまったが、15番パー3で石川が手前のカラーから6ヤードをパターで決めてバーディ。グータッチで喜びを分かち合った。

そして続く16番では石川が約8メートルのバーディパットをねじ込み、2人ともガッツポーズ。その後はスコアを伸ばせず、「本当はイーブンで終りたかった」(石川)と目標まで1打届かなかったが、首位と4打差の10位と好位置につけた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」組み合わせ
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」組み合わせ
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手のスタート時間はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー組み合わせ
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の組み合わせはこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!