記念大会の王者はD・ジョンソン? R・マキロイ? P・ケーシー? | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

記念大会の王者はD・ジョンソン? R・マキロイ? P・ケーシー?

2016年09月20日18時05分

海の向こうでは写真のようなフィギュアも制作されて盛り上がりを見せている

 

海の向こうでは写真のようなフィギュアも制作されて盛り上がりを見せている(撮影:GettyImages)

 いよいよ今週、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ最終戦の「ツアー選手権」が開催される。プレーオフが導入されて今年で区切りの10年目。海の向こうでは写真のようなフィギュアも制作して盛り上げを図っているが、皆さんはこれまでのチャンピオンを全員言えるだろうか。

 松山英樹の強さの秘密を探る 連続写真でスイング分析

 パッと答えられるようなら、よほどのPGAツアー通。正解は下記のように左から年代順だ。

2007年 タイガー・ウッズ(米国)※1位
2008年 ビジェイ・シン(フィジー)※7位
2009年 タイガー・ウッズ(米国)※1位
2010年 ジム・フューリック(米国)※11位
2011年 ビル・ハース(米国)※15位
2012年 ブラント・スネデカー(米国)※19位
2013年 ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)※9位
2014年 ビリー・ホーシェル(米国)※69位
2015年 ジョーダン・スピース(米国)※1位

 より盛り上がる方法を模索し、ポイントのリセットタイミングなどが変更されてきた10年だったともいえる。特に、2014年にはプレーオフ前の順位が69位(未勝利)だったビリー・ホーシェルが、第3戦の「BMW選手権」と最終戦の「ツアー選手権」で連勝を飾り、年間王者に輝くとともにボーナスの10ミリオンドル(約10億円)を手中にした。昨年はレギュラーシーズン1位のジョーダン・スピースがそのまま年間王者となったが、近年でいえばプレーオフに調子の良かった選手が一気に頂点へ駆け上がる可能性が高いといえるだろう。

 ちなみに今年だが、最終戦に出場する30人は下記のとおり。フェデックスポイントは最終戦を前にリセットされている。

おすすめコンテンツ

JLPGA増枠QTファイナルステージ 成績表
2020-21年シーズンにおける“増枠”ぶんの出場者を決める予選会。そのファイナルステージの成績表をお届け!
畑岡奈紗ら出場! 米女子ツアーのリーダーボード
畑岡奈紗、上原彩子が出場! 米国女子ツアー「ボランティアズ・オブ・アメリカクラシック」。リーダーボードはこちら。
小平智が出場! 米男子ツアーのリーダーボード
小平智が出場! 米国男子ツアー「マヤコバゴルフクラシック」のリーダーボードはこちら。
国内男子2020年最終戦 成績表はこちら
国内男子ツアー2020年最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」。成績表はこちらでチェック!
2020年最終戦! 「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の組み合わせ
国内男子ツアー2020年最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の組み合わせ&スタート時間はこちら!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!