【WGC】連続ボギースタートも…賞金王・小田孔明が日本勢最上位発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

WGC-キャデラック選手権

  • 期間:2015年03月05日-03月08日、
  • 場所:トランプ・ナショナル・ドラル(フロリダ)

【WGC】連続ボギースタートも…賞金王・小田孔明が日本勢最上位発進

2015年03月06日10時46分

耐えた小田孔明 残り3日間で浮上はなるか(Photo by Sam GreenwoodGetty Images)

耐えた小田孔明 残り3日間で浮上はなるか(Photo by Sam GreenwoodGetty Images)

WGC-キャデラック選手権 初日◇5日◇トランプナショナルドラール(7,528ヤード・パー72)>

 フロリダ州にあるトランプナショナルドラールを舞台に開幕した「WGC-キャデラック選手権」の初日。昨年度日本ツアー賞金王・小田孔明が2バーディ・4ボギー“74”の2オーバーながら3人が出場する日本勢では最上位となる39位タイで初日を終えた。

裏開催のプエルトリコOP 石川遼の初日は…

 「朝イチは緊張していた」と1番から連続ボギースタート。練習ラウンドでは大量の池が絡むレイアウトと硬いグリーンに悪戦苦闘していただけに不穏な空気がよぎる。それでも、「ボギー、ボギーが来たんで、開き直りました」と気持ちを切り替えるとその後は安定したストロークをスコアカードに刻んだ。

 「苦しんだの?全部(笑)全部、苦しい。気持ち良く回れるホールなんて1つもない。全ホール集中して回らないといけない」と日本にはないスケールの難コースに出てくるのは苦笑いだけ。フロリダの重い風にも「めちゃくちゃフォローとか、めちゃくちゃアゲンストになったりする。190ヤードを8番とかで打っているのに、次は130ヤードをまた8番で打ったり。コントロールが難しい」と頭をフル回転させて乗り切った。

 それでも、「いかにティショットをフェアウェイに置くか。刻むときにしっかり刻むことが大事。きょうは欲張ってバンカーに入ったりした。ほんとに難しいから、勇気をふりしぼってピンを狙って行くしかない」と覚悟を決めてブルーモンスターと向き合った。気後れさえしなければあとは日本屈指のショット力を見せつけるだけ。「球も飛んでいるので、開き直れば良いところにいくでしょう」。白い歯を見せた賞金王。真価を見せるのはこれからだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!