今こそ、「機知」で心を明るく!【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

今こそ、「機知」で心を明るく!【舩越園子コラム】

2020年03月30日12時02分

握手の代わりに“肘タッチ” これも「機知」の一つ

 

握手の代わりに“肘タッチ” これも「機知」の一つ(撮影:GettyImages)

新型コロナウイルス感染が世界中へ拡大している今、プロゴルフ界も休止状態を強いられている。世界各国の主要なツアーは男女ともすべて中止や延期となり、メジャー大会も「マスターズ」や「全米プロ」、女子の「ANAインスピレーション」がすでに延期されている。

オーガスタのスーパーから物が消えた…【写真】

しかし、米国の草の根のミニツアーの中には、いまなお試合を開催しているものがある。もちろん、外出禁止や都市封鎖が発令されれば、そうしたミニツアーの大会も中止せざるを得なくなるのだが、3月下旬時点では、フロリダ州のマイナーリーグ・ツアーやアリゾナ州のアウトロー・ツアーが試合を開催し、どちらの大会でも「59」が出たという珍現象が起こった。

女子のミニツアーもアリゾナ州のカクタス・ツアーが試合を開催。同ツアーを所有・経営しているマイク・ブラウン氏は「ゴルフコースがオープンしている限りは試合を開き続けたい」と意欲的だ。

ミニツアーの大会は、通常でも選手の家族や友人ぐらいしか観客がおらず、そもそもが「天然の無観客試合」のようなものだ。米国の医療専門家たちからも「一定の決まりを守れば、ゴルフは感染リスクが低い」というレポートが出されており、その意味では、ブラウン氏が指摘している通り、ゴルフコースが開場できている限りは、無観客状態の試合であれば開催は可能と言えるのだろう。

なんともアメリカらしいと感じられたのは、先週、アリゾナ州内で行なわれたカクタス・ツアーの大会の優勝者に贈られた副賞がトイレットペーパーだったこと。出場選手は16人とさすがに少なく、優勝したサラ・バーンハム(米国)は感染リスクと経費を抑えるために自分の彼氏を初めてキャディに付けるという「緊急対応」で出場。そして、見事に3日間大会を制し、2800ドル(約30万円)の優勝賞金とトイレットペーパー1ロールを手渡され、笑顔で記念写真に収まっていた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
プロの動画集めました【#stayhome動画集】
渋野に小祝も……、こんなときだからこそプロのステイホーム動画で元気を出しましょう!
棚橋弘至選手に聞いた男子ツアー人気回復策!
自称ALBA.Net美人記者が、新日本プロレスの棚橋弘至選手に男子ツアー人気回復策を直撃!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
鈴木愛、新垣比菜がアニメーションになった!
デサントと契約する鈴木愛と新垣比菜がアニメーションに。その映像を見てみよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!