16番でタイガーコールを“黙らせた”松山英樹 終盤追いつかれ引き分けに「悔しい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

プレジデンツカップ

  • 期間:2019年12月12日-12月15日、
  • 場所:ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)

16番でタイガーコールを“黙らせた”松山英樹 終盤追いつかれ引き分けに「悔しい」

2019年12月15日17時06分

松山英樹 一時は大量リードも敗戦(撮影:ALBA)

<プレジデンツカップ 最終日◇15日◇ロイヤル・メルボルンGC(オーストラリア)◇7055ヤード・パー71

17番グリーンに上がってきた松山英樹とトニー・フィナウ(米国)。2人の姿を見て、観客のひとりが「面白くなってきたぞ」とつぶやいた。

タイガー・ウッズら米国選抜は大喜び【大会フォト】

シングルスマッチが行われた最終日。第2マッチでスタートした松山は、9番までに4UPと快走。このまま早々に勝負をつけるかに思われたが、突如として快進撃はストップ。11番の2打目、バンカーショットを3m弱につけて歓声を浴びたが、これを決められずにこのホールを奪われた。ここから4ホール連続で獲られ、16番を迎えた時点でオールスクエアまで追いつかれた。

16番に入ったとき、1組前ではタイガー・ウッズ(米国)が3&2でエイブラハム・アンサー(メキシコ)を撃破。グリーンはタイガーコールに沸き、星条旗がはためいていた。グリーン脇では、キャプテンの顔に切り替わったウッズがじっと後続の動向を見守っている。ピンとした空気が張り詰める中、松山が3mのバーディパットを沈めて再び1歩リード。力強く拳を握ると、会場は再び世界選抜の色に染まった。

1アップで迎えた17番パー4。ともにフェアウェイから放ったセカンドは、松山が7.5m、フィナウが4mに乗せて両チームのファンから再び歓声が巻き起こる。このホールを獲れば松山の勝利。ところが、バーディパットは決まらずオーバー。約1.5mのパーパットもカップ左をそれて目頭を押さえる。会場にはため息が響き、これで再び引き分け。勝負は最終18番までもつれこんだ。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢6人が出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!