10打差逆転に意欲 松山英樹はムービングデーに「ビックスコアを出さないと」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

10打差逆転に意欲 松山英樹はムービングデーに「ビックスコアを出さないと」

2019年01月12日13時59分

松山英樹が10打差の逆転を目指し決勝ラウンドに臨む

松山英樹が10打差の逆転を目指し決勝ラウンドに臨む(撮影:岩本芳弘)

ソニー・オープン・イン・ハワイ 2日目◇11日◇ワイアラエCC、米国ハワイ州◇7044ヤード、パー70>

初日1アンダー・52位タイと出遅れ「明日以降に向け修正したい」と話していた松山英樹が、有言実行の「67」をマーク。トータル4アンダー・35位タイで決勝ラウンド進出を決めた。トップとは10打差がついたが、優勝を目指しビッグスコア宣言も飛び出した。

各社の新クラブもめじろ押し!ハワイでの熱戦の様子を現地からの写真でチェック

午前組で10番ティからラウンドを開始した松山は、13番で3パットのボギーを喫したものの、直後の14、15番で連続バーディ。すぐに悪い流れを断ち切ることに成功した。バックナインでも3つのバーディ(1ボギー)でスコアを伸ばし、きっちりと順位を上げ予選ラウンドを終えた。

しかし、そのラウンド内容については、「昨日良かったアイアンショットがうまく打てず、1日の中でうまく修正できなかった。ロングゲームとショートゲームに今は不安があるので、アイアンショットがうまくいかないと厳しい戦いになる」と少し不満気な様子。それでも「67」というスコアについては「うまく3つ伸ばせたので良かったなと思う」とホッと一息だ。

首位に立つマット・クーチャー(米国)との差は「10」と、決して小さくはない。さらに自身の状態についても「今週まではよかったけど、ハワイに入った瞬間に悪くなった」とスイング面に不安を残しながらのプレーが続いている。それでも、「ビックスコアを出さないと厳しいと思うので、明日出せるように頑張りたい」と、決して『優勝』の2文字を見失うことはない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

米男ツアー「トラベラーズ選手権」速報
小平智が出場する「トラベラーズ選手権」速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!