国内女子ツアー
ライブフォトはこちら

2015年に世界トップの座にいたJ・デイとJ・スピース。復活のカギを握るスタッツは?

  1. ジョーダン・スピースのストローク貢献度の各順位。2019年のショット順位の落ち込みが目立ちます(撮影:GettyImages)

     
  2. ジェイソン・デイは2018年以降で、大きくアイアンショットの順位が落ち込んでいました(撮影:GettyImages)

     

AT&Tペブルビーチ・プロアマ 3日目日◇13日◇ペブルビーチGL(7051ヤード・パー72)、スパイグラスヒルGC(7041ヤード・パー72)◇米カリフォルニア州>

米ツアー12勝で元世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)が3日目を「68」と伸ばし、トータル10アンダー、首位を行くジョーダン・スピース(米国)に3打差で最終日を迎える。共に、2015年に世界トップの座にいた2人だけに、その“復活”に注目が集まる。

【関連リンク】⇒ジョーダン・スピース、ついにエース『915D2』を手放す?2019年のギアニュース振り返り

PGAツアーでは詳細なスタッツが公開されているが、ストロークへの貢献度を示すデータを2015年から振り返ってみた。それが折れ線グラフで示されているのだが、2人の復活のカギを握る部分はどこなのか? まずは、スピースを見てみよう。

2015年にほぼ全ての項目でトップに居たスピースだが、ショット系スタッツのグラフで大きく落ち込みが目につくのは、2019年だ。ティショット、アイアン共に大きく順位を落としたものの、この年はSG:PUTTINGが1位になっている。2020年シーズンから今シーズンにかけてはSG:OFF-THE-TEE順位を落とすものの、得意のグリーン周りのアプローチは影響を受けず、高順位をキープしている状況で、グラフが示す課題はティショットと言えるだろうか。次に、デイも同様に振り返ってみよう。

【関連リンク】⇒ボールはブリヂストン、アイアンはミズノ ニュー“ジェイソン・デイ”が “復活V”に向かう

 
 
 

ミズノ問い合わせ先

  • ミズノ株式会社 TEL:0120-320-799

Rankingギア人気記事 7/17-7/24

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧