【記者の目】「反発が高すぎて発売が遅れた」ヤマハ『RMX218』、満を持して発売! | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

【記者の目】「反発が高すぎて発売が遅れた」ヤマハ『RMX218』、満を持して発売!

17.11.02 09:23

遅れてきた飛びの大本命、ヤマハ『RMX218』ドライバー&アイアン

 

遅れてきた飛びの大本命、ヤマハ『RMX218』ドライバー&アイアン

ヤマハがSNSを更新。「11/3(金)218ドライバー&218アイアン発売です。飛んで曲がらないを徹底的に追求した革新的モデルです。ぜひお試しください」(同社広報)

同社のアスリートモデル『RMX118』シリーズは、既に9月25日に発売されており、約1ヶ月半の時を経てついにアベレージゴルファーやセミアスリートに大本命の『RMX218』が発売することとなる。なぜ同時発売ではなかったのか? ここにはやむにやまれぬ深い事情があった。

⇒『RMX218アイアン』の試打レポ、飛びすぎ!

当初は『RMX118』と『RMX218』をもちろん同時発売するつもりだった同社。ところが、ほぼ製品が完成し、発表会を間近に控えてメディア向けの試打ラウンドを行うその日の朝に最悪の一報が届いた。なんと、「反発性能が高すぎて、『RMX218アイアン』、『RMX218ドライバー』の2機種がR&Aから公認を受けられなかったんです」と同社広報の藤崎康司氏は真っ青になっていた。

ほぼ製品が出来上がっているにもかかわらず、発表目前でのまさかの不適合。メディア試打では『RMX118シリーズ』はもちろん、『RMX218アイアン』『RMX218ドライバー』は抜群の飛びを誇っていただけに、その場ですぐ発売延期が伝えられ、すべてのメディアから落胆やショックの声が漏れていた。

同社は前作の『RMX216』シリーズから、アイアンのフェースの反発性能を数値(COR値)として開示。その反発の良さをアピールしていただけに、今作はさらなる追求を加速した形。『RMX218アイアン』は7番アイアンのロフトが30度ながら、前作よりもプラス1番手の飛びを狙うため、極限まで攻めた作りを行ったことが仇となってしまった。

1ヶ月強も発売が遅れるという、同社にとっては痛すぎる“出遅れ”だったものの、これはR&Aに引っかかるほど【飛ぶクラブを攻めて作った証明】でもある。ましてや、発売してから回収とならなかっただけ最悪の事態が避けられたとの見方もできる。明日11月3日から発売されるものはもちろん、R&Aに認可された完璧な適合品。攻めの開発姿勢を崩さない同社の『RMX218』シリーズの性能がどうなのか? ぜひその目で確かめてほしい。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2018年シーズン開幕! SMBCシンガポールオープンのニュースをチェック
石川遼、S・ガルシア、宮里優作ら注目選手がシンガポールに集結!新シーズン初戦を制するのは誰!?
アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?