飛距離アップのための背中/わき腹/股関節のストレッチ | 今日のゴルフが劇的に変わる! 飛ばしためのストレッチ

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > トレンド > トレンド関連コラム > 記事

トレンドTREND Column

飛距離アップのための背中/わき腹/股関節のストレッチ

ゴルファーにとってストレッチは欠かせないタスク。とはいえついつい疎かになりがち。けれど飛距離アップに繋がるとなれば、これは欠かせない。

2018年12月07日

股関節とモモ内側(内転筋)のストレッチ

1. ツマ先を外側に向け、脚を大きく開き、腰をひざの位置まで落とす。両手はヒザの上に

2. 肩を入れるようにして、股関節を開く。15秒程度伸ばして、緩める。これを2〜3回繰り返す
 
反対側も同様に10〜15秒程度伸ばす。これを2〜3セット繰り返して行う。
<効果のある部位>
股関節、モモの内側(内転筋)

<注意点>
・ツマ先が正面を向かないように。

・脚はしっかりと開く。脚を開くことで股関節を伸ばすことができる。
脚の開きが不十分で、腰もヒザの位置まで届いていない

コーチからのひとこと/年齢を重ねてもゴルフを楽しむには

先日、80代の祖父とゴルフに行ってきました。ゴルフは他のどのスポーツよりも年齢を問わないスポーツだと思っています。日常的に「年齢には勝てない」とか「歳だからしかたない」というような言葉を聞きますが、ゴルフについていえば、決して年齢を理由にあきらめる必要はないと思います。

確かにカラダは加齢とともに衰え、筋肉も確実に硬くなっていきます。だからこそ、放置してはいけないのです。ケアすればそれだけカラダは柔軟になり、ゴルフを楽しめるはずです。これからずっと健康で長くゴルフを楽しむために、シニアゴルファーにこそ、日常的にストレッチを行うことをおすすめします。
講師/東山直輝(ひがしやま なおき)
1987年生まれ。埼玉県出身。株式会社フュービック所属。フィジカルフィットネスディビジョン、育成トレーナー。トップアスリートのカラダづくりをサポートするストレッチのスペシャリスト。全国120店舗のDr.ストレッチのトレーナー1000人以上の育成にあたる。

協力/ Dr.ストレッチ
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「サマンサタバサ ガールズコレクション」ライブフォト
「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」のライブフォトをお届け!
舞台は北アイルランド!「全英オープン」特設ページ
2019年最後のメジャー「全英オープン」特設ページはこちらから。
全英オープン撮れたて写真館
今シーズン最後のメジャー戦「全英オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!