飛距離アップのための背中/わき腹/股関節のストレッチ | 今日のゴルフが劇的に変わる! 飛ばしためのストレッチ

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > トレンド > トレンド関連コラム > 記事

トレンドTREND Column

飛距離アップのための背中/わき腹/股関節のストレッチ

ゴルファーにとってストレッチは欠かせないタスク。とはいえついつい疎かになりがち。けれど飛距離アップに繋がるとなれば、これは欠かせない。

2018年12月07日

飛距離アップのためには、上半身と下半身の捻転差を大きくして、捻じれ戻りによるエネルギーを、インパクトに変換して飛ばすことが必要となる。その捻転差を高めるためには、骨盤を安定させて、上半身が上手くまわらなければならない。

バックスイング時に骨盤も肩も右にまわしてしまっては、パワーを生むための捻転差が生まれない。捻転差が生まれないから、腕を使ってスイングスピードを高めなければならず、腕で振っている状態になってしまう。

つまり、捻転差を生むためには、上半身と下半身が柔らかく別々の動きができなければならない。飛距離アップに最適なストレッチを、Dr.ストレッチに教えてもらった。

腕からカラダの後ろ(背中・お尻)のストレッチ

1. 壁やカートの角を右手でもつ
 
2. 右足を前に出し、左ヒザを曲げて背中を丸め、腰を後ろに引っ張る
10〜15秒程度伸ばしたら、緩める。この動きを2〜3回繰り返す。左右を入れ替えて、同じように10〜15秒程度伸ばす。これを2〜3セット繰り返して行う。

<効果のある部位>
背中、腕、胸、肩

<注意点>
・カラダが開いてしまわないように。カラダは壁と平行のまま、視線を前に向けて伸ばす。
カラダが開き、下を見てしまっている

腕からカラダの側面(わき腹)のストレッチ

1. 右足を前にして、足を前後に開き、右手で左手首をもって頭の上へ
2. カラダを右に倒し、右手で左手を引っ張りながら、わき腹を伸ばす。15秒程度伸ばして、緩める。これを2〜3回繰り返す
左側も同様に10〜15秒程度伸ばす。これを2〜3セット繰り返して行う。

<効果のある部位>
わき腹、お腹(斜腹筋)、股関節

<注意点>
・直立した状態でわき腹を伸ばそうとすると、骨盤が傾くので、伸びにくい。足を前後に開くことで骨盤を安定させる。
・カラダが前傾してしまわないように。真横に倒す。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ニチレイ レディス」ライブフォト
今週の舞台は千葉! 「ニチレイレディス」のライブフォトをお届け!
米女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」組み合わせ
畑岡、先週のリベンジなるか?「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」の初日ペアリングをチェック
米男ツアー「トラベラーズ選手権」速報
小平智が出場する「トラベラーズ選手権」速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!