グレッグ・ノーマンの肉体美に感化されて? 豪州でヌードゴルフの大会が開催 | トレンド ニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > トレンド > トレンド関連コラム > 記事

トレンドTREND Column

グレッグ・ノーマンの肉体美に感化されて? 豪州でヌードゴルフの大会が開催

ヌーディストビーチならぬヌーディストゴルフ!?

2018年08月08日

 
セミヌードを披露したグレッグ・ノーマンの母国でヌードゴルフが開催!
(写真:グレッグ・ノーマンのInstagramより)
アメリカのスポーツ専門チャンネル「EPSN」が隔週で発行しているスポーツ雑誌、「EPSN」。
毎年恒例のボディ特集は、各スポーツで活躍しているトップアスリートのセミヌードを掲載して大きな話題を呼んでいる。記念すべき10回目となった今年、ゴルフ界から“ホワイトシャーク”の異名を持つレジェンド、グレッグ・ノーマンが選ばれた。

グレッグは現在63歳。今年の6月に発刊された「EPSN」で還暦を過ぎているとは思えない美しい肉体美を披露して多くの反響を呼んだ。そんな彼の母国・オーストラリアで、グレッグの肉体美に感化されてか否か初のヌードゴルフの大会が開催された。

開催されたのはオーストラリア北部ダーウィン近郊のゴルフ場。参加した男女30人のプレイヤーは、ゴルフシューズと帽子以外は何も身につけずコースに登場。クラブハウスからプレー姿が丸見えの8番と9番を除いた全16ホールをラウンドし、バーベキューを楽しんだ。

"Wandering Bares"と名付けられたこのイベントは69歳のヌーディスト、ブルース・ジェンセンさんとその妻、ジェリーさんが企画。ブルースさんは「クラブ運営委員会の前でイベントについてプレゼンした後、交渉に数カ月かかった。しかし、最終的に裸でプレーする許可が下りた」と語った。委員会側には8番と9番でもプレーしたいと交渉したが、クラブハウスから丸見えのこの2ホールには最後まで許可が下りなかった。しかし、大会は大成功だったようで、来年以降も開催できるように働きかけていくようだ。

写真を見る限りグレッグのような肉体美を持つ参加者は残念ながらいなかったが、今後、ヌードゴルフが広まればゴルフの腕前と合わせてゴルフ場で肉体美を競う新しい競技が誕生するかもしれない。
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!