全英OP初の60台で急浮上、小平智は「トップ10を目指していきたい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

全英OP初の60台で急浮上、小平智は「トップ10を目指していきたい」

2018年07月22日07時13分

全英OP初予選通過で躍進の小平智

 

全英OP初予選通過で躍進の小平智(撮影:GettyImages)

全英オープン 3日目◇21日◇カーヌスティGL(7402ヤード・パー71)>

3度目の「全英オープン」で初めて決勝ラウンドに進出した小平智。快晴微風の穏やかな天候の中、ツーサムで始まった第3ラウンドは伸ばし合いとなった。小平は、1イーグル・4バーディ・3ボギーの「68」と伸ばし合いにも食らいつき、トータル2アンダー・28位タイに浮上した。

【写真】全英OPでも小平智を支える古閑美保

予選ラウンドは3サムで行われるが、決勝に入ると2サムになるのが今大会。小平は池田勇太と同組でメジャーでは珍しい日本人同士でのラウンドとなった。「すごい確率ですよね。でも自分は(池田)勇太さんとのラウンドはいいイメージがあるので良かった」と日本勢同組も歓迎した。小平は、3番パー4でボギーが先行したが、「(3日間ともボギー先行で)いつも一緒なので何も変わらなかった。ショットの調子が良かったので、いつかバーディチャンスが来るだろうとやっていた」。

その言葉通り、まもなくバーディラッシュが始まった。5番パー4で1.5メートルのバーディパットを沈めたのを皮切りに、6番パー5は2オン2パット、7番パー4は2メートル、8番パー3は4メートルと、4連続バーディで一気に順位を上げた。後半に入って12番でボギーとするも、14番パー5は好調なショットを続けて、4メートルのイーグルパットを沈める。

難しい上がり3ホールに入り、16番パー3はボギーで落とすが、第2ラウンドでは連続バーディで締めくくった17番、18番ではこの日も「攻めた」。17番はピン方向を狙ったがわずかに左にそれてラフへ。アプローチは3メートル近くオーバーしたが、これを沈めてパー。続く18番はティショットを左のラフに入れると2打目は3番ユーティリティでグリーンを狙う。左奥にこぼし、アプローチもミス。8メートルのパーパットが残ったが慌てることなく、冷静に沈めた。

おすすめコンテンツ

「アース・モンダミンカップ」ライブフォト
鈴木愛は3週連続Vなる!?「アース・モンダミンカップ」のライブフォトをお届け!
「ダンロップ・スリクソン福島オープン」ライブフォト
国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」のライブフォトはこちら
日本女子アマも現地から撮れたて写真!
女子アマチュア日本一を決める「日本女子アマ」の熱戦の模様を、現地から撮れたて写真でお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!