青木功が難ホールにかけた魔法 不惑を越えたケネディはかからなかった【ツアーの深層】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ

  • 期間:2018年07月05日-07月08日、
  • 場所:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)

青木功が難ホールにかけた魔法 不惑を越えたケネディはかからなかった【ツアーの深層】

2018年07月10日12時12分

5年ぶりVのB・ケネディ 経験豊富な44歳が青木功の“魔法”を攻略した(撮影:村上航)

悪天候のため初日の競技が中止となり、54ホールの短縮競技となった「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」はブラッド・ケネディによる5年ぶりの優勝で幕を閉じた。なぜオーストラリアの44歳は、北の大地で久々に勝つことができたのか。田島創志が深層を語る。

【写真】5年ぶりに勝利を果たした男の笑顔

■勝負を分けた16番 ヒョンソンは青木功の魔法にかかってしまった
指定練習日から雨、そして大会初日に中止となるほどの悪天候となった今大会。それでも大会最終日には、ザ・ノースカントリーGCらしいコンディションを取り戻し、2014年大会の優勝者・石川遼が「今日はコースコンディションが素晴らしかった。グリーンは2〜3フィート速くなっていて、全くタッチを合わせられなかった」というほどにまで回復した。

そんな中、ケネディは「64」をたたき出して、スタート時にあった4打差をひっくり返し逆転優勝。最終的には2位のキム・ヒョンソン(韓国)に3打差をつける快勝劇だった。2人の明暗を分けたのが今大会最高の難易度を誇った16番のパー3。池に囲まれたアイランドグリーンが名物で、最終日は左にピンが切られたこのホールには多くの選手が苦戦した。

そんな難攻不落のパー3をパーとして流れを作り、17番から連続バーディを奪ったケネディに対して、ヒョンソンはボギー。すでにホールアウトしたケネディとの差が3打となり、栄冠が手からすり抜けた。今年もドラマが生まれたこのホールを、田島は「(コース設計・監修を務める)青木功の魔法がかかっている」と表現する。

「ティショットからの視覚的には、フェードで攻めたくなるホール。だけど実際は右からの風が入るので、フェードだと飛ばなくなってしまう。ヒョンソン選手は基本的にフェード一辺倒だから難しかったでしょう」。ヒョンソンは、まさにティショットを手前にショートして、アプローチを寄せきれずボギーとなってしまった。

「攻略法としては、右のバンカーに向いて短いクラブでしっかりとつかまえること。ですが、どうしても右に向きたくない感じがすごい。センターから左を向いてフェードを打ちたくなる。本当に腹が立つくらい(笑)。それがまさに青木さんマジック」

一方のケネディはベテランらしくこれまでの経験と「飛距離はないが、状況によってドローとフェードを両方打ち分けられる選手」というだけあって、臨機応変にピンハイにつけて2パットのパー。ケネディも最終日を振り返り、「今シーズンで一番難しいホールだった。とても緊張した。あのホールが今日のベストプレーだね」と9つ奪ったバーディを差し置いてベストショットに挙げた。

■ケネディは自分の長所を分かっている その上で道具の恩恵を受けた
優勝したケネディとは、アジアンツアーでともに戦っていたころから旧知の仲だという田島。長年見ている中でケネディは「自分を分かっている選手」と評した。

「長所と短所を分かっている選手ですね。ショートゲームやパター、そしてアイアンの精度が彼のストロングポイント。一方でウィークポイントは飛距離ですね。精度でここまで戦ってきた選手です」

そんなケネディは近年飛距離が伸びてきているという。「道具の進化の恩恵を受けている選手の一人と言えるでしょう。元々曲がらない選手で、フェースローテーションが少ない。そんな彼は現代の大きなドライバーのメリットを最大限に得ている。正確性を残しつつ、飛距離を伸ばせていますね」

ケネディはタイトリストの917でもヘッドの大きい460ccのD2を使用。投影面積が大きく、重心距離が長いクラブは44歳のポテンシャルをさらに引き出し、5年ぶりの優勝へ大きなアシストをした。

解説・田島創志(たじま・そうし)/1976年9月25日生まれ。ツアー通算1勝。2000年にプロ転向し、03年『久光製薬KBCオーガスタ』で初日から首位を守り、完全優勝。青木功JGTO(日本ゴルフツアー機構)体制では、トーナメント管理委員会 コースセッティング・アドバイザーを務める

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「全米オープン」のリーダーボード
松山英樹、石川遼、今平周吾、金谷拓実が出場! 海外メジャー「全米オープン」のリーダーボードはこちら。
松山英樹、石川遼ら出場! 全米オープンの組み合わせ
松山英樹、石川遼、金谷拓実、今平周吾が出場。「全米オープン」の組み合わせ表はこちら。
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
【全米OP】松山英樹のプレー詳細は一打速報でチェック!
「全米オープン」に挑む松山英樹。プレーの詳細を一打速報でチェックしよう!
「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせ
国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせはこちら。
シブコが出場! 米国女子ツアーのリーダーボード
渋野日向子ら出場! 米国女子ツアー「キャンビア・ポートランド・クラシック」のリーダーボードはこちら。
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!