日本でもおなじみのブルックス・ケプカ、29年ぶりの連覇に貢献したのは親友のDJの存在 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

日本でもおなじみのブルックス・ケプカ、29年ぶりの連覇に貢献したのは親友のDJの存在

2018年06月18日10時25分

ブルックス・ケプカが昨年に続き2つ目の全米オープンの優勝カップを手に入れた

 

ブルックス・ケプカが昨年に続き2つ目の全米オープンの優勝カップを手に入れた(撮影:岩本芳弘)

全米オープン 最終日◇17日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7,440ヤード・パー70)>

貫禄の大会連覇だった。118回の歴史の中で「全米オープン」を連覇したのは史上7人目。ブルックス・ケプカ(米国)が1988、89年のカーティス・ストレンジ(米国)以来の快挙を成し遂げた。

【連続写真】全米オープン連覇達成 飛ばし屋ケプカの最新スイング

「勝つ自信がある」と大会前から話していたその言葉に、ウソはなかった。首位タイ発進で迎えた最終日。5番までに3バーディを奪い、波に乗った。6番でボギーを喫したが、10番パー4ではセカンドショットを1メートルにつけてバーディ。続く11番では、「グレートボギーだった」と、ダブルボギー以上もありうる状況を乗り越えた。

その11番は、打ち上げのパー3で159ヤード。左からのフォロー風に対して、ピッチングウェッジで離れたボールは「軽めに打とうとして体が止まってしまった」と、グリーン左の短く刈られた傾斜を滑り落ち、「出すのも困難な状況だった」ほど深いラフに潜り込んだ。グリーンへは打ち上げで、ピンなど狙えるはずもなく、右サイドのバンカーを狙ったボールは狙いどおりバンカーへナイスインした。

ここまではプランどおり。このバンカーショットを3.5メートルに寄せ、「ダブルボギーを覚悟していた」パットは、カップの反対側に当たってカップイン。ボギーでしのぎ、勢いを止めることなく後半に向かった。「午前中の組の選手が11番のあのパットを打っているのを見ていて、みんなショートしていたので、強めに打てた」と、事前の下調べも効を奏した。

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」速報
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の速報はこちら
米男ツアー「ジェネシス招待」速報
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!