【記者の目】むなしく響く“ハッピー・バースデー”、あのフィル・ミケルソンが一体なぜ? | ALBA.Netのゴルフニュース

-

【記者の目】むなしく響く“ハッピー・バースデー”、あのフィル・ミケルソンが一体なぜ?

2018年06月17日10時48分

待ち構えるファンへサインをおこなったミケルソン、ハッピー・バースデーの大合唱を受けたが…

 

待ち構えるファンへサインをおこなったミケルソン、ハッピー・バースデーの大合唱を受けたが…(撮影:ALBA)

全米オープン 3日目◇16日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7440ヤード・パー70)>

グリーン上の下り傾斜を転がっているボールを追いかけて、外れたからといって、動いている状態のまま球をカップめがけて打つ。仲間同士の遊びのゴルフでさえあまり見かけない行為が、米国のナショナルオープン、しかも多くのファンが見守る中で起こった。

問題行為のミケルソン、試合後は大挙した記者に囲まれる

米国ゴルフ界の英雄、フィル・ミケルソンが取った行為がゴルフ界で騒動を巻き起こしている。「全米オープン」3日目の13番。「ピンポジションが難しい」と、ほとんどの選手が警戒しているのが今週のグリーン。傾斜が強い上にポアナ芝特有の不規則なコロがりに苦しめられた選手のフラストレーションがたまった結果が、ミケルソンの行為に集約されていたように思える。

「あのままコロがったらチャンスはないと思った。動いているボールを打ったら2ペナルティだということは知っていた」とはミケルソンだが、本当に瞬時にそんなことを思ったのか。「ルールをうまく使っただけ。前からアレをしたいと思った場面があったけど、ようやく今日したということ」。以前から考えていたというが、苦しい開き直りとも取れる言葉の真意は分からない。

「悪気はなかった。ルールは知っていたし、ただ何度も行ったり来たりを繰り返したくなかった。次のホールに行きたかった」。ルールでペナルティを科せられるのだからいいだろう、という風に聞こえるミケルソンの言葉。「とにかく次のホールに行きたかった。あのままでは終わる気がしなかった」。ゴルフ界で最も尊敬を集めるといっても過言ではないミケルソンの取った行為は、やはりプロゴルファーとはしては疑問だ。

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 組み合わせはこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」組み合わせ
松山英樹らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」組み合わせ
今平周吾が出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の組み合わせはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!