池田勇太がミラクルカムバックで今季初の決勝ラウンド進出! 雷中断で「悪いもの抜けた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ザ・メモリアル・トーナメント

  • 期間:2018年05月31日-06月03日、
  • 場所:ミュアフィールド・ビレッジGC(オハイオ)

池田勇太がミラクルカムバックで今季初の決勝ラウンド進出! 雷中断で「悪いもの抜けた」

2018年06月02日12時41分

池田勇太は怒涛の追い上げで決勝ラウンド進出を決めた(写真は初日)

池田勇太は怒涛の追い上げで決勝ラウンド進出を決めた(写真は初日)(撮影:GettyImages)

ザ・メモリアル・トーナメント 2日目◇1日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,392ヤード・パー72)>

初日を4オーバーとして2日目をスタート。前半を2バーディ・3ボギーでトータル5オーバーとし、予選通過が大きく遠のいたかに見えた池田勇太の戦いは、後半の4ホール目からガラリと様子が変わった。

【連続写真】池田勇太の「個性派ループスイング」を解析

10番スタートの池田は波に乗れないまま18番を迎えたが、ボギーパットを残して雷接近のため中断。「悪いものが全部抜けた」と、再開後にこれを沈めて折り返すと、迎えた4番パー3から快進撃が始まる。ティショットを2メートルにつけてバーディを奪うと、続く5番のパー5では2オンに成功。3メートルのイーグルパットを決めて、7番でもバーディ。最終9番では4メートルをねじ込んで、トータルイーブンパー・69位タイ。昨年の「ザ・プレーヤーズ選手権」以来となる米ツアー予選通過を決めた。

「このコースで、この舞台。(予選通過は)大きい」と表情を緩めた池田。昨年から続ける海外転戦では苦戦を強いられてきたが、来月の「全米オープン」前哨戦と位置づけられる本大会。トップ選手が本気モードで出場する大会での決勝ラウンド進出を素直に喜んだ。

「(折り返した1番から)予選通過する気持ちだった。そういうモードに入っていった」と、諦めずに後半だけで5つスコアを伸ばした。「明日からもこの後半のゴルフを1日2回やればいい」と、久しぶりに池田の顔に元気が戻った。息を吹き返した2016年の国内ツアー賞金王が、決勝ラウンドで猛チャージを見せる構えだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!