辛く厳しいムービングデー 畑岡奈紗は「74」で首位陥落 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

LPGAボルヴィック選手権

  • 期間:2018年05月24日-05月27日、
  • 場所:トラビス・ポアントCC(ミシガン)

辛く厳しいムービングデー 畑岡奈紗は「74」で首位陥落

2018年05月27日13時22分

畑岡奈紗は「74」で首位陥落 辛いムービングデーとなった

畑岡奈紗は「74」で首位陥落 辛いムービングデーとなった(撮影:GettyImages)

LPGAボルヴィック選手権 3日目◇26日◇トラビス・ポアントCC(6,734ヤード・パー72)>

ひとつ掛け違えたボタンは、畑岡奈紗のプレーすべてに悪影響を及ぼした。9アンダー・単独首位から出た畑岡は、3バーディ・5ボギーの「74」と精彩を欠き、首位と5打差のトータル7アンダー・15位タイに後退した。

【LIVE写真】リゾートトラスト レディス最終日の模様を生配信中

悪天候の影響で予定より2時間12分後にティオフ。2番で幸先よくバーディを奪うが、リズムを乱したのは直後の3番パー3だった。グリーン奥のカラーからピンそば1mにつける絶妙なアプローチを見せた畑岡だったが、次のパーパットを外し、ボギーとしてしまう。

ここから歯車が狂いだしたか、5番、9番とともに2mのパットを外してスコアを落とし、前半を2オーバーで折り返す。後半も10番、12番と立て続けにボギーを喫したが、14番パー5でようやくこの日2つ目のバーディを奪取すると、続く15番でもバーディを決めてトータル7アンダーまでスコアを戻す。その後は上がり3ホールすべてパーで終わり、首位とは5打差。優勝戦線から振り落とされるムービングデーとなった。

ホールアウト後はTVのインタビューも断り、沈痛な面持ちでコースを後にした畑岡。5打差を追いかける最終日、気持ちを切り替えて、再びV争いの場へと舞い戻ることができるか。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!