「1W→3W→3Wでした…」野澤真央と700ヤード越えのモンスターホールの思い出 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

リゾートトラスト レディス

  • 期間:2018年05月25日-05月27日、
  • 場所:関西ゴルフ倶楽部(兵庫県)

「1W→3W→3Wでした…」野澤真央と700ヤード越えのモンスターホールの思い出

2018年05月25日18時24分

4アンダー・8位タイとなった野澤真央

4アンダー・8位タイとなった野澤真央(撮影:佐々木啓)

リゾートトラスト レディス 初日◇25日◇関西ゴルフ倶楽部(6,569ヤード・パー72)>

今週行われている国内男子ツアー「〜全英への道〜ミズノオープン at ザ・ロイヤルゴルフクラブ」の最大の目玉といえば1973年のツアー制度施行後最長となる8007ヤードの総ヤーデージ。なかでもコースの象徴でもある16番のパー5は705ヤード。もちろん詳細な記録が残る92年以降では史上最長であり、700ヤード越えは初めてだ。

バーディ合戦の熱戦を振り返る!リゾートトラスト レディス 初日LIVEPHOTO

国内女子ツアーでは、そのような設定がされることはないが、このモンスターホールに挑戦した経験があるのは、ミズノ契約プロの野澤真央。昨年オフに行われた「ミズノドリームプロアマ」でザ・ロイヤルゴルフクラブをラウンドしたときのことだ。

「さすがにプロアマですし、冬だったので、ほとんどのホールのティが前に出ていました。正確な総距離は覚えていないのですが、そこまで長く感じなかったので、総距離は6000ヤード台だったと思います」。だがアトラクション的な要素もあったのだろう。16番だけは700ヤードを越えていた。

「本当に長かったですね。ドライバーを打って、2打目がスプーン。で、次もスプーンですもん(笑)。それで何とかグリーンの手前に乗って、頑張って2パット。何とかパーを獲りました」。野澤は現在ドライビングディスタンスで18位(244.26ヤード)とツアーでも飛ばし屋の部類。それでも「乗せるのはやっとだった」と苦笑いを見せていた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!