「どうなることやら」からの…上田桃子は+3から-3へ華麗なるカムバック | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

リゾートトラスト レディス

  • 期間:2018年05月25日-05月27日、
  • 場所:関西ゴルフ倶楽部(兵庫県)

「どうなることやら」からの…上田桃子は+3から-3へ華麗なるカムバック

2018年05月25日18時04分

6バーディで華麗なカムバックを果たした上田桃子

6バーディで華麗なカムバックを果たした上田桃子(撮影:上山敬太)

リゾートトラスト レディス 初日◇25日◇関西ゴルフ倶楽部(6,569ヤード・パー72)>

首位発進を決めた岡山絵里が7アンダー、2位のカリス・デイビッドソン(オーストラリア)が6アンダーと伸ばしあいの様相を呈している「リゾートトラスト レディス」。そんな中、一時は3オーバーまでスコアを落としていた上田桃子が、6バーディを奪い、3アンダー・12位までカムバックした。

初日の模様を500枚以上の写真でプレーバック!

本人も、見ていた母・八重子さんも「どうなることやら…」というスタートだった。スタートホールでボギー。そして次のホールでダブルボギー。大抵の選手は気がめいる展開だが、本人は意外にも冷静だった。「ショットが悪くてスコアを落としたというよりは距離感が合ってなくてのものだったので、前半で戻せたらいいと切り替えました」。この落ち着きが功を奏し、前半だけで4バーディとアンダーパーへ。さらに「チャンスが少なかった」という後半でも2バーディ・ノーボギーと2つ伸ばしてホールアウト。気が付けば首位と4打差と上の見える位置まで返り咲いた。

いきなり叩いても冷静でいられたのには、もう1つ理由がある。それは今週のキャディが初めてタッグを組む東勝年氏だったことだ。「初めてだったので、最初はお互い探り探りでした。そんな中で、来週もお願いしているから、私のプレーを知ってもらわないといけない。来週のためにも落ち着いて自分のプレーを見せなければ。そう思う気持ちも私を冷静にさせてくれました」。その後、「距離感など少しずつ理解してもらえて、攻めるところとそうでないところを同じマインドでできました。プレーしやすくなりました」と2人の“距離感”が縮まったことも、巻き返しに貢献したのは言うまでもない。

「このコースは縦の距離の感覚がとても大事なコース。風などの影響もあって、いいショットなのにオーバーしたりする。明日に向けてそこだけ調整したい」。もう1つの“距離感”もしっかりアジャストできれば、2007年以来となる今大会2勝目が見えてくる。(文・秋田義和)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!