日本プロは今季から3年間冠スポンサーをつけずに開催 PGA理事会で明らかに | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

日本プロは今季から3年間冠スポンサーをつけずに開催 PGA理事会で明らかに

2018年04月23日17時47分

会見で質問に答える倉本昌弘PGA会長

 

会見で質問に答える倉本昌弘PGA会長(撮影:ALBA)

公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)の理事会が4月23日(月)に行われ、PGAツアー競技管理委員会の報告として、PGA主催競技の日本プロゴルフ選手権が今季から3年間、冠スポンサーをつけずに開催されることが明らかになった。

【写真】シニアツアー参加選手のスイング一覧

倉本昌弘PGA会長の話によると、PGAは大手広告代理店・電通と3年間の契約を締結し、電通がスポンサーを募ることで運営費を賄う仕組み。日本プロに関しては、2010年から冠スポンサーを務めていた日清が昨季限りで撤退していたが、当面、特定の冠スポンサーはつかないことになった。

ただ、倉本会長はこれを決してネガティブにはとらえていない模様。「公式戦ですから、冠スポンサーがなくてもできるのが理想。プロアマのフォーマットをPGA側で決められることも利点」と語り、プロアマでは1組あたりレギュラー選手1名、シニア選手1名の計2名のプロがつく形を予定しているという。

「これはレギュラー選手にシニア選手のホスピタリティを見習ってほしい部分と、シニア選手がアマチュアの面倒をみる分、レギュラー選手は練習してもいいよ、という部分もある」(倉本会長)

男子レギュラーツアーでは、昨季からプロアマのティグラウンドをアマチュアに合わせることでホスピタリティは向上したが、その分、プロの練習ラウンドとしての機能が果たせなくなっているという問題もあった。競技レベルの維持とホスピタリティの向上を両立させられるか、シニアツアーを主管するPGAならではの試みに注目だ。

おすすめコンテンツ

現地直送! 2021年国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
KKT杯バンテリンレディス 最終結果
2021年の第7戦! 兵庫決戦の成績表をチェック!
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
Dr.カタオカのゴルフ実験室
女子プロのクラブ調整を手がけてきたDr.カタオカが、自宅できるお手軽なゴルフクラブのお手入れ法を伝授。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!