悔しさの果てに掴んだA・ランドリーの初勝利【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

バレロ・テキサス・オープン

  • 期間:2018年04月22日-04月25日、
  • 場所:TPCサンアントニオ(テキサス)

悔しさの果てに掴んだA・ランドリーの初勝利【舩越園子コラム】

2018年04月23日12時08分

ツアー初優勝を飾ったアンドリュー・ランドリー

ツアー初優勝を飾ったアンドリュー・ランドリー(撮影:GettyImages)

バレロ・テキサス・オープン 最終日◇22日◇TPCサンアントニオ(7,435ヤード・パー72)>

バレロ・テキサス・オープン」は最終日を首位タイで迎えたザック・ジョンソン(米国)が逃げ切り優勝を遂げるだろう、というのが大方の予想だった。というのも、ジョンソンは言わずと知れたメジャーチャンプ。そして、2008年と09年の同大会覇者でもある。コースを知り尽くし、相性も良く、おまけに優勝争いに絡んでいた他の顔ぶれはランキング下位選手ばかりだったからだ。

【関連動画】A・ランドリーが歓喜の初V 最終日のハイライト

しかし、アーノルド・パーマーとジャスティン・レナード(ともに米国)に続く史上3人目の同大会3勝目を狙うことには、やはり多少のプレッシャーもあったのだと思う。予想に反してジョンソンは力を出し切れず、終盤は世界ランキング114位のアンドリュー・ランドリーと同306位のトレイ・マリナックス(ともに米国)の戦いに絞られていった。

マリナックスは2014年にプロ転向した米ツアー2年目の25歳。今大会2日目にコースレコードの「62」をマークするなど、勢いがあった。だが、初優勝を目前にした初めての優勝争いは、彼の平常心を失わせてしまった。そうなれば、当たり前のようにできていたこともできなくなる。

ランドリーから1打差の2位で迎えた17番。バンカー越えのピッチショットを打とうとしたマリナックスは、まるで素人のように大ダフリして目の前のバンカーへ。難しいショットを打とうとしたわけではない。優勝争いのプレッシャーを感じていた状況が、さほど難しくないはずのショットを必要以上に難しくした。そして、このホールのボギーが実質的に彼の敗北に繋がった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!