G・マイヤーが4年ぶりのシニアツアーV 大病乗り越え「チャンスがあれば優勝したかった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > > 記事

G・マイヤーが4年ぶりのシニアツアーV 大病乗り越え「チャンスがあれば優勝したかった」

2018年04月20日18時46分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 G・マイヤー -12
2 室田淳 -8
  金鍾徳 -8
4 杉山直也 -7
  高見和宏 -7
6 T・ウィラチャン -6
7 真板潔 -5
  崎山武志 -5
  加瀬秀樹 -5
10 寺西明 -4

順位の続きを見る

G・マイヤーが大病を乗り越えシニア2勝目を挙げた(提供・大会事務局)

G・マイヤーが大病を乗り越えシニア2勝目を挙げた(提供・大会事務局)

ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント 最終日◇20日◇箱根カントリー倶楽部(7,056ヤード・パー72)>

ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント」最終日が20日(金)に行われ、6アンダーの首位タイからスタートしたグレゴリー・マイヤー (米国)が7バーディ・1ボギーの「66」で回り、トータル12アンダーで優勝。2位に4打差をつける快勝で、2014年の「マルハン太平洋シニア」以来となるシニアツアー2勝目を挙げた。

【写真】シニアツアー 注目選手のスイング分析

4年ぶりに優勝カップを掲げたマイヤーは、「去年は優勝争いを3回くらいしていたけど、今日はずっとボードを見ないでプレーしていた。このコースは皆スコアを取ってくるから、自分もアグレッシブに行った」とプレー中を振り返った。最後に優勝した14年には心臓の大動脈瘤手術を受けるなど、困難にも見舞われた。それ以来の優勝とあって、「チャンスがあれば優勝したかった」と感慨深げに勝利を喜んだ。

トータル8アンダーの2位タイには室田淳、金鍾徳(韓国)、同7アンダーの4位タイに杉山直也高見和宏が続いた。

昨季賞金ランク2位の米山剛はトータル4アンダーの10位タイ。川岸良兼倉本昌弘はトータル3アンダーの18位タイだった。また、レギュラーツアー通算2勝で今大会がシニアツアーデビュー戦の小達敏昭は、1アンダー・28位タイで大会を終えた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!