松山英樹のマスターズ制覇に必要なものとは? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

松山英樹のマスターズ制覇に必要なものとは?

2018年04月09日15時01分

松山英樹がオーガスタを制するためには、何が必要だったのか?

 

松山英樹がオーガスタを制するためには、何が必要だったのか?(撮影:岩本芳弘)

マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

マスターズ」7回目の出場で初制覇を目指した松山英樹の挑戦は、19位に終わった。最終日こそスコアを3つ伸ばしてトータル3アンダーまで浮上したが、優勝のパトリック・リード(米国)とは12打差。この差はどこから生まれたのか。

【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年スイング写真

2月上旬には突然、左手の痛みが発症し一時ツアーを離脱。ケガの影響で成績が振るわなかったのか問われた松山。「関係ないと思います。ケガをした時点でここまでのスケジュールを考えてやっていたので。調整できたかどうか、成功と失敗は本人の中でしか分からない」と唇をかんだ。

続けて「結果だけ見れば失敗だった」とも話した松山。その言葉から推測するに、少なからず手応えはあったのだろう。開幕前は「すべてに期待できない」と話していたが、悲観的なコメントが出るのはこれまでの松山と変わらない。何が狂ってしまったのか。各部門別の数字を見て明らかなのは、パットの不振だった。

優勝したリードが大会を通して平均パット1位、パーオンホールでの平均パット数も1位なのは当然として、松山はそれぞれ32位タイと31位タイ。それでも最終成績が19位なのだから、不振といいながらも、それだけショット力に救われたということだ。

距離別のパット数を見ると、10フィート以上のパットが入らなかったことが痛かった。10〜20フィートは42位タイ、20フィート以上は43位タイ。いわゆるミドル、ロングパットがカップに沈まなかったのだ。

米国でもまれ、2016年後半から17年前半までは無敵の強さを誇った。中国、日本、バハマ、米国と世界各地で勝利を重ねているため、グリーンへのアジャスト能力も高いのは間違いない。繊細なタッチが必要とされるオーガスタのグリーン。左手のケガによってフィーリングが奪われたことも十分考えられるのではないか。(文・高桑均)

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!