ゾーンに入り「64」のジョーダン・スピース 最多差逆転はならず | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゾーンに入り「64」のジョーダン・スピース 最多差逆転はならず

2018年04月09日10時02分

猛チャージで3位に入ったジョーダン・スピース 晴れ晴れとした表情でオーガスタを去った

 

猛チャージで3位に入ったジョーダン・スピース 晴れ晴れとした表情でオーガスタを去った(撮影:岩本芳弘)

マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

「最後のパットが入るまで、一度もリーダーボードを見なかった。誓ってもいい」。それほど、今日のジョーダン・スピース(米国)は自分のゴルフに徹した。スコアを伸ばし続けることだ。

【写真】360度カメラでオーガスタの熱気を感じる

首位のパトリック・リード(米国)とは9打差からのスタート。「トーナメント自体のことは考えずに、オーガスタ・ナショナルをプレーすることだけに集中した」。追い上げる、逆転する、そんな気持ちはみじんもなかった。その強い意気込みが、スピースをゾーンへと誘った。

出だしの1番から連続バーディ。5番も取って8、9番で再び連続バーディ。前半だけで5つ伸ばし、気づけば二桁アンダーまで伸ばしていた。12、13番でまたしても連続バーディ。15番でも伸ばして迎えた16番。コース上のボルテージが最高潮に上がった。「今日はすべてが正しかった」と興奮気味に語ったスピース。コース内でもっともパトロンが集まる場所で、ピン手前からの10メートルをど真ん中から沈めてみせた。

この時点で首位のリードと並んだが、17番で惜しいパットを外して迎えた最終18番。同じくスコアを伸ばしていたリッキー・ファウラー(米国)がバーディを奪ったのに対して、スピースはティショットのミスが響き、まさかのボギー。終わってみれば、トータル13アンダーの3位。大会2勝目を逃す結果となってしまった。

「トーナメントを勝つときというのは、考えられないことが起きたりするもの。今週はそういうことがなくてもこの結果だ。5年連続で優勝争いしているから、今日は良かったとしよう」と、悔いはなし。1956年の8打差逆転を越える9打差の逆転勝利とはならなかったが、オーガスタ、そしてマスターズという舞台はやっぱりスピースのことが大好きなのだろう。(文・高桑均)

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!