「自分が悪い」ルーキー・原英莉花がスコア誤記で失格処分に | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

スタジオアリス女子オープン

  • 期間:2018年04月06日-04月08日、
  • 場所:花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)

「自分が悪い」ルーキー・原英莉花がスコア誤記で失格処分に

2018年04月08日19時17分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 鈴木愛 -10
2 葭葉ルミ -6
3 比嘉真美子 -3
4 李知姫 -2
5 西山ゆかり -1
  岡山絵里 -1
7 全美貞 0
  O・サタヤ 0
  大城さつき 0
  安田祐香 0

順位の続きを見る

失格処分を受けたルーキー・原英莉花(写真は2日目)

失格処分を受けたルーキー・原英莉花(写真は2日目)(撮影:鈴木祥)

スタジオアリス女子オープン 最終日◇8日◇花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース (6,332ヤード・パー72)>

先週のステップ・アップ・ツアー開幕戦「ラシンク・ニンジニア/RKBレディース」でプロ初勝利。予選会を5位で通過し、本戦に出場していた19歳ルーキー・原英莉花が、最終日のホールアウト後にスコア誤記で失格となった。

【関連写真】ジャンボ軍団の超新星、原英莉花の写真館

4オーバー・36位タイで最終日に臨んだ原。ハーフターン直後、後半1番でのティショットが左に曲がりカート道へ。規則に基づき救済措置を受けたが、ボールはドロップ地点から1クラブレングス以上傾斜を転がった。

ここで原の勘違いが起きた。実際のところボールは2クラブレングス以内で止まりインプレーとなったが、キャディが拾い上げて再度ドロップ。インプレーのボールに触れるとペナルティの対象になり、同伴競技者から「1罰打で元の位置にリプレースすべきではないか」と指摘を受けたが(※規則18-2)、原は「1クラブ以上は再ドロップ」として、プレーを続行。競技委員会に報告することなく、規則18-2の違反(元の位置にリプレースせずプレーを続行したため2罰打)を加えずにスコアカードを提出したことから、失格処分となった(規則6-6d)。

失格処分を受けた原は「ルールありきのスポーツなので、知らなかった自分が悪い。これからはもっと勉強して頑張っていきたい」と声を絞り出した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!