通算9回目のリーダー ジョーダン・スピースはなぜオーガスタで強いのか | ALBA.Netのゴルフニュース

-

通算9回目のリーダー ジョーダン・スピースはなぜオーガスタで強いのか

2018年04月06日13時37分

6アンダー・単独首位で飛び出したジョーダン・スピース

 

6アンダー・単独首位で飛び出したジョーダン・スピース(撮影:岩本芳弘)

マスターズ 初日◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

2014年2位、15年優勝、16年2位。海外メジャー初戦の「マスターズ」初日は、大会と好相性のジョーダン・スピース(米国)が6アンダーの単独首位に立った。いったいなぜ、こんなにもスピースはマスターズで強いのだろうか。「ここに限らず、メジャーにピークを合わせるようにしているから。チームでそう取り組んでいるから」と、さらりと流す。それができれば、誰も苦労はしないのだが…。

【写真】ゴルフの聖地・オーガスタを360度カメラでチェック

最終組から1組前の遅いスタート。この日、朝は10度を下回り、午前スタート組は寒さとの戦いもあったが、スピースがティオフした午後1時49分以降は極めて穏やかな天候となった。2番でバーディを先行させると、3番もバーディを奪取。その後は5番でボギー、7番でもボギーとするが、「(7番での)あのパットは大きかった。もっと悪いスコアでもおかしくなかった。ボギーだったけど、気持ちよく次のホールにいけた」と、8番パー5では2オンに成功。イーグルを奪って勢いに乗った。

9番から4ホールはパーでガマン。13番からギアを上げた。怒濤の5連続バーディ。暗くなり始めたバックナインに歓声がこだました。「今日のバックナインの中盤は、リードしているサンデーバックナインのようなプレッシャーを感じた。その中でよく適応したと思う」と、これまでの勝利やサクセスが奏功していると話す。

15年は初日に「64」をマークして飛び出し、マスターズ記録となるトータル18アンダーで完全優勝。この日の首位発進により、大会通算9回目のトーナメントリーダーに立ったスピースにとって、これほど相性のいい大会はほかにない。「どんな大会でも初日に飛び出すのは気分がいいし、それ以上のことはない」。今季初勝利を大会2勝目で飾るため、2日目もギアは上げっぱなしで突っ走る。(文・高桑均)

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 速報はこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」速報
松山英樹、小平智らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」速報
今平周吾と川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!