練習場からスタンディングオベーション受けたタイガー・ウッズ「最高だった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

練習場からスタンディングオベーション受けたタイガー・ウッズ「最高だった」

2018年04月06日10時00分

3年ぶりのオーガスタを楽しんだタイガー・ウッズ

 

3年ぶりのオーガスタを楽しんだタイガー・ウッズ(撮影:岩本芳弘)

マスターズ 初日◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

マスターズ」の舞台には、やはりこの男の姿が似合う。2015年大会以来の出場となったタイガー・ウッズ(米国)。初日を3バーディ・4ボギーの「73」、1オーバー・29位タイで終えた。

【連続写真】タイガー・ウッズ 2018年最新スイング

朝の登場から会場は熱気を帯びた。「練習場からスタンディングオベーション。1番ティに向かうときはクラブハウスからも人が出てきてくれた。最高だった」と、3年ぶりの舞台にタイガーでさえ感無量。スーパースターの登場で、会場は最高の盛り上がりを見せた。

「ここに戻ってこられて本当にうれしい。この数年は食事をしにきただけだったから。プレーできることがうれしかった」と、近年は大会前に催されるチャンピオンズ・ディナーのみの出席。熱狂的なファンの前でのプレーをウッズ自身が一番喜んだ。

復帰初日は苦戦した。3番でバーディが先行したが、4番、5番と連続ボギー。「イーブンパーに戻したかった。とにかく強く戦った」と、後半の巻き返しを図ったが、11番ではティショットを右の林に打ち込みボギー。続く12番でもトラブルに見舞われた。

12番パー3のティショットは、グリーン手前の池にはまった。後方にドロップして3打目はグリーンにかろうじて残った。「(ダブルボギーで)4オーバーにはしたくなかった。あのボギーは重要だった」と、5メートルのボギーパットをねじ込んで、スコアを1つ落としながらも生き残った。「コースの状態を考えると、抜け出すのは難しいが、滑り落ちるのは簡単」と、踏みとどまったのが大きかった。

「13番、15番のパー5で取り戻したかった」と、得意のパー5でバーディをもくろんだが不発。代わりに14番と16番でバーディ。ここでも大喝采を浴びた。「トーナメントに戻ることができた。週末のリーダーボードは多くの選手でにぎわうと思う。このスコアなら悪くない」。納得の表情を見せたウッズ。05年以来の大会5勝目ははっきりと視界に入っている。(文・高桑均)

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!